詳細を見る

暗号通貨利用で宿泊できるホテル「ビットコインタワー」建築へ|ドバイ

3 mins

イタリア人起業家のサルバトーレ・レッジェーロ氏は21日、ビットコイン(BTC)をモチーフとした40階建てのホテル「ビットコインタワー」がドバイで建築を予定していることを明かした

同タワーはビットコインの重要性や知名度、その価値を称える取り組みの一環として、地上40階建てのビットコインのモニュメントとして建築される。同タワーはブロックチェーンとAIの新技術を採用し、素材の持続可能性とCO2ゼロを重視している。これは2023年11月に開催されるCOP28を見据えたものとみられる。同タワー内ホテルのゲストに対しては報酬としてNFTを提供し、これにより保有者に独占的なユーティリティが提供される。

ホテルの宿泊費は暗号通貨のステーキングとみなされ、ゲストが換金することで利益を生み出す仕組みだ。レッジェーロ氏は、「これまでにない、初めてのホテルとなる予定で、支払った料金を利息と共に返すことが可能」と述べている。

同プロジェクトは、レッジェーロ氏、および同氏がメタバースと不動産との間の橋を築くことを目指す企業Metaverse Investmentsで著名建築家のサイモン・ミッシェル氏が推進している。同プロジェクト詳細は24日にドバイのグランドミレニアム・ビジネスベイのベラレストラン・ラウンジで公式に発表される予定。

レッジェーロ氏は「私が提案するのは、デジタルと物理の不動産の間に橋をかける不動産革命だ。ビットコインタワーは、この革命に参加したいすべての人々の出発点となるだろう」と語った。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー