詳細を見る

AIトークン急増=Bittensor(TAO)・Toncoin(TON)

6 mins

ヘッドライン

  • 暗号資産におけるAIの物語は復活を遂げ、AIに焦点を当てたトークンに大きな利益をもたらしている。
  • 分散型機械学習プラットフォームBittensor、バイナンス上場発表後に急騰。
  • トンコインは記録を更新し続け、革新的なプロジェクトと開発者インセンティブでAIに進出している。
  • promo

人工知能(AI)の暗号資産関連銘柄が11日、力強い復活を遂げた。AI統合の最前線にあるプロジェクトに大きな利益をもたらしており、中でもBittensor(TAO)Toncoin(TON)がその先頭を走っている。

Bittensor (TAO)とToncoin (TON)は11日、アジアのマーケットタイムで大幅な上昇を記録した。

ブーム再燃でBittensor (TAO)とToncoin (TON)が急上昇

BittensorのネイティブトークンであるTAOは、大手暗号資産取引所Binanceへの上場発表後、急激な価格上昇を目撃した。

同取引所は11日20時(日本時間)から、TAO/BTC、TAO/USDT、TAO/FDUSD、TAO/TRYのスポット取引ペアを提供する。しかし、バイナンスはTAOに「シードタグ」を適用しており、投資家にとってボラティリティとリスクが高くなる可能性があることを示している。

TAOは発表から1時間以内に約16%急騰し、690ドルに達した。その後、この記事を書いている時点では626ドルまで戻しているが、この勢いは市場の関心が高いことを示している。

Bittensor(TAO)の価格パフォーマンス。
Bittensor(TAO)の価格パフォーマンス。ソースBeInCrypto

先駆的なP2P機械学習プロトコルであるBittensorは、機械学習モデルの分散トレーニングと運用を可能にする。AIとブロックチェーンを融合させることで、Fetch.ai(FET)のような革新的なプロジェクトの仲間入りをし、分散型テクノロジーの未来を切り開く。

並行して、トンコイン(TON)は7.63ドルと史上最高値を更新し、2日連続で記録を更新した。BeInCryptoは先に、2024年4月10日にTONが7ドルの大台を突破し、時価総額でカルダノを抜いたと報じた。

Human Codeと共同で開発した手のひらスキャンプログラムなど、AIを活用した取り組みへのプロジェクトの拡大が投資家の熱狂を煽っている。ToncoinのAI開発者に対する500万ドルの奨励プログラムは、その地位をさらに強固なものにしている。

暗号資産市場におけるAIの勢いは続く

AIの物語は2023年以降、暗号資産市場における重要なトレンドとなっており、その勢いは2024年まで続く。

最近のCoinGeckoのレポートによると、AIは今四半期の暗号市場で最も収益性の高いシナリオの1つであり、222%のリターンを上げている。

AIの多用途性は多様な応用を可能にし、ステーブルコインの発行元であるテザー社でさえその統合を模索している。TetherのCEOであるパオロ・アルドイノは、AI技術を民主化し、イノベーションを促進し、アクセスを拡大するという同社のビジョンを明言した。アルドイノCEOは、デジタルと物理の世界におけるAIの影響に注目している。

「今回の発表により、テザー社内に新たな部門が設立され、AIの境界を再定義し、プライバシーを保護するオープンなAI技術を民主化すると同時に、イノベーション、実用性、透明性の業界ベンチマークを設定する」とアルドイノは述べた。

AIをめぐる楽観論があふれる一方で、懐疑的な見方を崩さない専門家もいる。アナリストのゲーリー・シリングは、AIの長期的な変革の可能性、特にパターン認識に膨大な計算能力を使う価値提案に疑問を呈している。

この懐疑論は、生産性と経済成長を高めるというAIの有望性に後押しされ、エヌビディアやマイクロソフトといったハイテク大手の株価が急騰しているのとは対照的だ。

AIとブロックチェーンの物語が展開し続けるなか、BittensorとToncoinの功績は、金融についての考え方を一変させるこれらの新興技術の力を示している。最先端のイノベーションで知られる暗号資産業界は、AIとブロックチェーンの統合によって、破壊的な一歩を踏み出す準備が整ったようだ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー