詳細を見る

ブラックロック、現実資産に大きな賭け=注目のRWAトークン化

7 mins

ヘッドライン

  • ブラックロックがデジタル流動性ファンドを立ち上げ、イーサリアム・ブロックチェーン上でRWAトークン化を進め、16兆ドル市場を狙う。
  • このイニシアチブは、有形資産をトークン化することで、投資の民主化、流動性の向上、地理的障壁の撤廃を目指している。
  • 有望なRWAトークンには、Maple Finance、Swarm Markets、Boson Protocolなどがあり、この分野は大きな成長が見込まれている。
  • promo

ブラックロックが現実資産(RWA)のトークン化に乗り出したことは、金融システムに激震が走ることを意味する。

ブラックロックは、2030年までに16兆ドルという驚異的な市場を解き放つ可能性を秘めている。その結果、実世界資産のトークン化は前例のない成長軌道に乗ることになる。

ブラックロックはRWAトークン化に大きく賭ける

現実資産のトークン化は、有形資産の所有権をブロックチェーン上のデジタルトークンに変換するプロセスです。このイノベーションは、不動産やコモディティなどの資産を取引可能なトークンに細分化することで、投資機会を民主化します。また、流動性を増幅させ、投資家の地理的制約をなくし、グローバルなリーチを拡大する。

RWAセクターへの関心の高まりは、ブラックロックがイーサリアム・ブロックチェーン上でBlackRock USD Institutional Digital Liquidity Fundをローンチしたことで、この上ない後押しを受けました。

「これは当社のデジタル資産戦略の最新の進展です。ブラックロックのデジタル資産部門責任者であるロバート・ミッチニックは、「私たちは、デジタル資産分野において、顧客の真の問題解決に役立つソリューションの開発に注力しています」と述べている。

実際、ブラックロックのトークン化ファンドは、プレミアムな短期「マネー・マーケット」商品のポートフォリオを保有することで、元本保全と流動性を確保しつつ、現在の収益を最適化することを目指している。主に、コマーシャルペーパー、譲渡性預金証書、変動利付債券、定期預金、完全担保付現先取引などの一流証券に焦点を当てている。

続きを読むリアル・ワールド・アセット(RWA)トークン化の影響とは?

この動きは、他のどの暗号資産セクターよりもRWAに対する機関投資家の関心が高まっていることを示すものであり、爆発的な成長時代への舞台を整えるものである。

「次のステップは金融資産のトークン化であり、すべての株式と債券が基本的にQCIPを持つことになると考えています。つまり、すべての株式と債券がQCIPを持つことになります。しかし、最も重要なことは、トークン化を通じて、各個人に合った戦略をカスタマイズできるようになることだ」とブラックロックのラリー・フィンクCEOは語った。

注目すべき現実資産(RWA)トークン

こうした中、暗号資産アナリストのXremlin氏は、時価総額1億ドル以下の有望なRWAトークンにスポットを当てている。同氏によると、これらのトークンは2024年から2025年にかけて大きく成長する準備が整っているという。

「Blackrockの参入は、想像を超える成長を加速させるだろう。私たちはスタートラインに立ったのです」とXremlin氏は語った。

注目すべき現実世界の資産には、Maple Finance(MPL)、Swarm Markets(SMT)、Boson Protocol(BOSON)、Clearpool(CPOOL)、Polytrade(TRADE)などがある。Xremlin氏はまた、IX Swap(IXS)、Realio Network(RIO)、Dusk Network(DUSK)にも言及した。これらのプロジェクトはそれぞれ、この成長市場に資本参加するユニークな立場にある。

Xremlin氏によると、Maple Financeは機関投資家向けのオンチェーン・クレジット・マーケットプレイスという点で際立っているという。一方、Swarm Marketsは、リテールおよび機関投資家向けにライセンス供与されたDeFiプラットフォームを提供している。Boson Protocolはブロックチェーン・ベースの電子商取引市場を、Clearpoolはパーソナライズされた流動性プールを、PolytradeはRWA管理のためのユーザーフレンドリーなマーケットプレイスを提供している。

さらに、IxSwapはセキュリティ・トークン・オファリングの流動性を促進し、Realio Networkはデジタル証券と暗号資産管理のパイオニアである。最後に、Dusk Networkはビジネスに準拠したスマートコントラクトのためのプライバシー中心のブロックチェーンを提供している。

続きを読むリアル・ワールド・アセット(RWA)担保トークンの説明

RWAトークン化の夜明けを迎え、ブラックロックの先駆的なイニシアチブは、よりアクセスしやすく、流動的で、効率的なグローバル市場への先見的な飛躍である。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー