詳細を見る

BNBチェーン、レイヤー2「opBNB」のテストネットをローンチ

4 mins

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのBNBチェーンは19日、イーサリアム仮想マシン(EVM)互換のレイヤー2チェーン「opBNB」のテストネットをローンチした。opBNBは毎秒4,000以上のトランザクションを処理し、トランザクションの平均コストを0.005ドル以下に維持する。

opBNBは、バイナンススマートチェーンのレイヤー2スケーリングソリューションとして稼動し、オプティミスティック・ロールアップを採用。これにより、トランザクションをオフチェーンに移し、トランザクションの混雑を緩和しコストを下げる。イーサリアム仮想マシンとの互換性も持つため、既存のイーサリアムアプリケーションの移行や拡張が容易となる。

トランザクションはチェーンの外部で実行し、複数をまとめてメインチェーンに提出することでスケーラビリティが大幅に改善。データはcalldataとしてメインネットに投稿される。現在のBSCは1秒間に約2,000トランザクションを処理し、平均コストは約0.109ドル。

opBNBはフラウドプルーフ(詐欺証明)を採用し、トランザクションの安全性を確保。取引が正当かどうか疑問を持つユーザーは、フラウドプルーフを使用してその結果を確認できる。不正取引と判明すれば、その取引は再実行される。

  • 「詐欺証明」(フラウドプルーフ)とは、ブロックチェーンのトランザクションが正当であるかどうかを証明するための仕組み。

BNBチェーン開発チームは、ブロックチェーン技術が発展してきていてもスケーラビリティ課題であると指摘。この課題を解決するためにopBNBを開発している。BNBチェーンアルノー・バウアー氏によると、今年の第3クォーターにメインネットをローンチする。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー