詳細を見る

BRICS、暗号資産・ブロックチェーンを活用した決済システムの構築へ

3 mins

ヘッドライン

  • BRICSは5日、暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーンベースの決済システム構築を発表した
  • 露外交官あるユーリー・ウシャコフ氏は露タス通信へに対し、デジタル技術とブロックチェーンを活用した独立したBRICS決済システムの創設は重要な目標であると述べた
  • 決済システムの主な目的はBRICS国の米ドル依存を減らし、通貨危機時に相互支援を提供する予備通貨アレンジメント(CRA)を発展させること
  • promo

中国とロシア主導のBRICSは5日、暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーンベースの決済システム構築を発表した。BRICs諸国が米ドルに対する依存度を低減しようと積極的に取り組んでいる時期に行われたもの。

露外交官ユーリー・ウシャコフ氏はタス通信に対し、デジタル技術とブロックチェーンを活用したBRICS独自の決済システムの創設が重要な目標だと語った。「主な目標は、政府、一般市民、企業にとって便利で、コスト効率が良く、政治から自由であることを確保することだ」とウシャコフ氏は強調した。

同決済システムの主な目的はBRICS加盟国の米ドル依存を減らし、通貨危機時に相互支援を提供する予備通貨アレンジメント(CRA)を発展させること。CRAは、国際通貨基金(IMF)に対抗するものと見なされている。BRICS国のリーダーたちは、米ドル以外の通貨を使用し、安全な国際取引を支えるための銀行間ネットワークを強化することに同意。「CRAの開発は、特に米ドル以外の通貨の使用に焦点を当てられている」とウシャコフ氏は語った。

一方、IMFのクリスタリナ・ゲオルギエワ専務理事は1月、ビットコインのような仮想通貨は伝統的な意味での「マネー」には当たらないと表明した。BRICSは1月1日、エジプト、エチオピア、サウジアラビア、UAE、イランの加入を受け入れ、人口や原油生産量などでG7の経済規模を超えるに至っている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー