詳細を見る

ビットコインとイーサリアムが51%攻撃の標的になる可能性は低い。

6 mins

ヘッドライン

  • CoinMetrics社によると、ビットコインを51%攻撃するには700万個のマイニングリグが必要であり、このような攻撃はコストが高く実現不可能である。
  • イーサリアムのリキッドステーキングDappsで34%の乗っ取りを試みた場合、340億ドル以上のETHが必要となり、攻撃者は100万ドルを費やす必要がある。
  • 今度の半減により、多くのマイナーがネットワークから退出し、攻撃者を阻止するために復活する前にハッシュレートが低下することになる。
  • promo

オンチェーン暗号資産分析会社CoinMetricsは、ブロックチェーン買収の恐れを否定する新しい調査レポートを発表した。より強力なマイニングリグの必要性と51%攻撃のコストが買収を実現不可能にしているという。ビットコインネットワークが半減によるハッシュレートの減少に備える中でも。

CoinMetricsの研究者Lucas Nuzzi氏によると、ビットコインへの51%攻撃には700万台のマイニングリグが必要だという。イーサリアムのチャーンレートはバリデーターの入れ替わりを制限しているため、買収の試みは6ヶ月続く必要がある。

コストで阻まれるビットコインの乗っ取り

同社はまた、イーサリアムとビットコインに対するイデオロギー的な51%と34%の攻撃は、異なる段階で阻止されるであろうことも発見した。もし彼らが機知に富んでいれば、各国政府は200億ドル以上を費やして、リバースエンジニアリングされたAntminer S9ビットコインマイニングマシンの独自バージョンを大量に製造する必要があるだろう。あるいは、それらのマシンをオープンマーケットで購入するために200億ドル近くを支払う必要がある。

51 attack capex forecast
リグ購入のための設備投資予測|出典:Lucas Nuzzi: ルーカス・ヌッツィ

続きを読むブロックチェーンへの51%攻撃を解説:その危険性とは?

「これは、ネットワークへの誠実な参加や攻撃を控えるといった他の戦略と比較した場合、敵対的な行動が魅力的でなくなる最初の経験的証拠です」とNuzzi氏は述べています。

研究者はまた、Lido FinanceやRocket Poolのようなイーサリアムのリキッドステーキング・プロトコルに34%の攻撃を仕掛けた場合、340億ドル以上のETHが犠牲になると見積もっている。そのためには、攻撃者は200以上のノードを管理し、6ヶ月間クラウドサービスに100万ドルを費やさなければならない。さらに、二重支出攻撃、利己的な採掘、取引手数料市場の操作など、一般的な暗号資産攻撃手法では、コストがかかりすぎて財政的に実現不可能である。

ビットコイン半減は完璧な反面教師

暗号資産金融サービス会社Galaxy Digitalによると、今度のビットコイン半減は多くのマイナーを市場から退場させる。半減は暗号資産マイニングの利益を低下させ、エネルギー効率の低いマイニングマシンを排出する可能性がある。

マイナーの減少は、ハッシュレートの低下によって測定することができる。ハッシュレートとは、1秒間にマイナーがビットコイン取引ブロックのハッシュを推測しようとする回数である。ハッシュレートの減少はオンラインマイニングリグの減少を意味し、マイナーが市場から退出することの代用として使用される。

“我々は、2023年末のネットワークハッシュレート(86-115 EH)のおよそ15-20%が半減時にオフラインになる可能性があると推定している。我々の分析に基づき、2024年のネットワークハッシュレートは675EHと725EHの間の範囲で終了すると予想した」とGalaxy氏は述べている。

bitcoin network difficulty government attacks
ビットコインネットワーク難易度|出典:Blockchain.comブロックチェーン・ドット・コム

ビットコインネットワークは、より強力なマシンを持つ企業が少数の事業体の手にパワーを置く可能性があるため、下落に対抗するために、難易度を調整し始めるでしょう。これらのコンピュータがより強力になれば、政府が51%の攻撃を試みることは難しくなるだろう。

ヌッツィ氏によれば、アントミナーS21のような新しいマシンはリバースエンジニアリングが難しく、複製が困難だという。そのため、買収の試みは常に追いつ追われつとなる。

続きを読む暗号通貨の採掘方法:ステップ・バイ・ステップ・ガイド

BeInCryptoは、半減後の51%攻撃の可能性について、マイニング会社Core Scientificに問い合わせた。同社からの回答はまだない。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー