詳細を見る

ビットコイン、分散型アプリケーションが構築可能に|Trustless Computer

5 mins

レイヤー1プロトコルのTrustless Computerはこのほど、ビットコインブロックチェーン上にユニスワップ V2スマートコントラクトをデプロイした。暗号資産(仮想通貨)メディアBlockworksが報じた

2021年のTaprootアップグレード、サイドチェーンやライトニング・ネットワークのような、ビットコインを使用したレイヤー2ソリューションが登場したことにより、ネットワークのスループットが大幅に向上し、ビットコインブロックチェーン上に無限のデータを埋め込むことができるようになった。これにより、ビットコイン上でDeFi(分散型金融)アプリケーションなどの実行が事実上可能になっている。

開発段階のレイヤー1プロトコルTrustless Computerはビットコイン上でユニスワップ V2スマートコントラクトをデプロイ。BRC-20と呼ばれる独自トークンのスワップと流動性提供を可能にする。これまでにTrustless Computerは118のトークンをデプロイし、8つのDappsがローンチしている。さらに新しく立ち上げた分散型取引所で取引が行われているが、今のところ小規模な取引にとどまっているとのこと。

Trustless Computerとは?

Trustless Computerは、ビットコイン上にチューリング完全な仮想マシン、BVM(ビットコイン仮想マシン)を開発し、DAO、DEX、NFT、トークン、オークション、レンディング、ストレージなどのdappsをビットコインネットワーク上で構築可能とする、レイヤー1プロトコル。BVMはEVMとの互換性を持ち、多くの種類のアプリケーションに対応する。

チューリング完全(Turing complete)とは、ある計算モデルやプログラミング言語が、チューリングマシンと同じ計算能力を持っているという性質。チューリングマシンは、英国の数学者アラン・チューリングが提案した理論上の計算機械で、あらゆる計算問題を解くことが可能。

dapps開発者はBRC-20トークンと呼ばれるビットコイン上で独自のトークンを開発が可能となる。これは、類似した名称を持つOrdinalのBRC-20とは異なる。Trustless ComputerではNFTにトークン規格BRC-721採用している。

Trustless Computer開発者@punk3700氏はビットコインネットワークの拡大に関して、「ビットコインにDeFiが導入されると、イーサリアムとの競争が激化することになる。現在、DeFiの多くのアプリケーションは、イーサリアムネットワーク上で実行されているが、ビットコインにもDeFiが導入されることで、市場が拡大し、競争が激化することになるだろう」と語った。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー