詳細を見る

ビットコイン価格、3万5000ドル割れの場合、急落の可能性も

5 mins

ヘッドライン

  • ビットコイン価格(BTC)は14日現在、3万6486ドルで取引されており、アナリストらはビットコイン価格が調整に入るとの見立てを示した
  • ビットコインの大口投資家の活動が減少している。12日の10万ドル以上の大口取引は1万2430件と大幅に減少した
  • イブラハム・アジバデ氏は、市場は現在、先月のインフレ数値を上回る307.81のCPIを予測しており、投資家は慎重な姿勢を取っていると指摘
  • promo

ビットコイン価格(BTC)は14日現在、3万6486ドルで取引されており、前日比で1.13%減・過去7日比で5.14%増となっている。ビットコイン価格は先週、3万8000ドル台付近に一時回帰するも上昇は一服。アナリストらはビットコイン価格が調整に入るとの見立てを示した。

当社最高ニュース部門責任者のアリ・マーチン氏は「ビットコイン価格は約3万6400ドルで安定したレンジを形成しているが、抵抗帯を下抜けると、次の重要なレジスタンスは3万4300ドル・3万200ドルになるだろう」との見解を示した。

当社オン・チェーンアナリスト、イブラハム・アジバデ氏は、市場は現在、先月のインフレ数値307.79を僅かに上回る307.81の消費者物価指数(CPI)を予測しており、これに対しビットコイン投資家は慎重な姿勢を取っていると指摘。クリプトクアントによると、取引所のBTC準備金は3万BTC増加。市場供給に約11億ドルの影響を与える可能性がある。取引所準備金の増加は通常、短期売却の機会を探す投資家の弱気のシグナルとされている。

同氏はビットコイン価格の先行きは、3万5000ドルのサポートレベルに大きく依存していると主張。グローバルIn/Out of the Money(GIOM)データによれば、同サポートレベルの重要性を示している。このサポートレベルを下回れば、価格は3万3000ドルに後退する可能性がある。3万8000ドルを回復すれば、強気派が市場を再び牽引するも、3万7900ドルで購入した123万人の保有者が早期に売却すれば、価格は再び後退する可能性が高いと分析した。

Into the Blockのデータによると、ビットコインの大口投資家の活動が減少している。12日の10万ドル以上の大口取引は1万2430件と大幅に減少。同氏は「減少は大口投資家が慎重な姿勢をとっており、特に消費者物価指数(CPI)データ公表を前にビットコインに対して中立的な立場を取っていることを示している」との見解を示した。

ビットコインETFの動向に過剰な期待か

ビットコインETFの承認見込みが高まりながら、JPモルガンは暗号資産市場の最近の上昇に懐疑的だ。同社は先週のレポートで新資本が市場に流入するより、既存の資本が他の暗号資産関連商品からETFに移動する可能性が高いと指摘。その一方で、SECに対する暗号資産業界の勝利が大幅な規制緩和につながるとは限らないと述べた。

資産管理会社ユーロパックのチーフエコノミスト兼グローバルストラテジストのピーター・シフ氏は「噂で買って事実で売った場合、利益を得ることはできないだろう。ビットコインETFが承認される前に価格は下落するだろう」と語った。同氏はビットコインへの懐疑派として知られる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー