詳細を見る

国内取扱銘柄カルダノ、独自メールサービス「ADAmail」を発表=ウォレット間でのメールが可能に

5 mins
更新 Shota Oba

国内暗号資産(仮想通貨)取引所取扱銘柄のカルダノ(Cardano・ADA)は7日、IAMXとNMKRの共同で開発を行うブロックチェーン技術を統合したメールサービス「ADAmail」を発表した。同サービスは近日中にローンチされる。

同サービスは仮想通貨ウォレットとメールを結合し、ウォレットを使って直接メールにログインできるサービス。現在の暗号資産市場では、コミュニケーションは主にX(旧Twitter)やDiscordなどのプラットフォームで行われているが、ADAmailは、ウォレットとの直接的なコミュニケーションを可能にすることを目指す。

主な機能は以下の通り。

  1. ウォレットアドレスへのメール送信: ウォレットアドレスに直接メールの送受信が可能。
  2. NFT統合: NFTを通じてメールにアクセスでき、特別なメールエイリアスも取得可能。
  3. ウォレットでメールに署名: メールの真正性を検証。
  4. DID統合: 分散型識別子を統合し、シームレスなエクスペリエンスを提供。
  5. メール経由のトランザクション: 資金の送受信が簡単に。
  6. 特定のポリシーIDホルダーへの一括送信: 効率的なコミュニケーションツールとして活用可能。
  • 分散型識別子(DID)とは、ブロックチェーン技術を用いて、個人が自己のアイデンティティを管理し、証明するための識別子のこと。従来のアイデンティティ管理においては、中央集権的な機関が管理することが多かったため、プライバシー保護や安全性の問題が指摘されてきた。一方、DIDは分散型であるため、個人自身がアイデンティティを管理することが可能で、プライバシーやセキュリティ面での利点がある。

ADAmailでは3つの製品をリリースする予定。同サービスによってユーザーはアイデンティティを柔軟に管理でき、プライバシーを保持しながらコミュニケーションを行えるため、コミュニケーションの新しい方法を提供する。

ADAの蓄積量は増加傾向に

仮想通貨分析サイトSantimentによれば、10万から1000万$ADAを保有する大口投資家、いわゆる「クジラ」と「シャーク」が購入を続け、クジラらの保有値は2022年9月以来の最高水準に。これに加え、過去6ヶ月にわたり、オンチェーンの取引量がほぼ毎週増加している。暗号資産リサーチ企業のMessariのレポートでは、今年第2四半期には、TVL(USD)は第1四半期比9.7%増の1億5170万ドルに上昇。カルダノのステーブルコイン時価総額も34.9%増加し、54位から37位へと上昇したことが明らかになっている。分散型取引所(DEX)Minswapは、前四半期比167.5%増のトランザクションを記録した。

暗号資産トラッキングサイトのコインマーケットキャップによると、現在のADAの価格は0.2971ドルで前日比2.19ドル増。24時間の取引量は21.7%増加しており、時価総額ランキングは第8位となっている。一方で、最高値からは90.38%下落している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー