詳細を見る

Cardanoがアルトコインの価格低迷を6%の上昇で逆転|Bitcoin Minetrixが次に急騰する仮想通貨の候補に浮上

9 mins

ここ数日、アルトコインが全体的に低迷気味でしたが、Cardano(カルダノ)のADAトークンは、過去1日で6%の急上昇を見せる場面もあり、持ち直しつつあります。

このADAの逆転は、ビットコインが4万2000ドルを上抜けるまでに難航を示すなど、仮想通貨市場全体が方向性をあまり見出せないまま推移している中での出来事でした。

しかしながら、こういった状況の中で、急騰する可能性のある新興アルトコインの1つとして浮上しているのが、Bitcoin Minetrix(BTCMTX, ビットコインマイントリックス)で、2024年にブレイクする可能性のある仮想通貨を模索している投資家から、大きなプレセール需要が見られています。

Cardanoが12月の急騰でベアマーケットを覆す

ADAトークンは、この1日で0.677ドルにまで上昇し、昨日の安値から9%の上昇を記録しました。

この直近の急騰は、イーサリアム(ETH)、ソラナ(SOL)などの価格を押し下げた、アルトコイン市場における広範囲な低迷の影響を受けています。

しかし、ADAは過去24時間において、18億ドルを超える大規模な取引量があり、ベアマーケット(弱気相場)から脱却しつつあるように思われます。

テクニカル面でも、ADAは0.60ドル付近の小さいレジスタンスレベル(上昇抵抗線)を突破しているため、短期的には更なる上昇が期待できるかもしれません。

日足ロウソク足が、この水準をしっかりと上抜けて閉じられれば、2022年4月以来突破されていない0.70ドルの大台に向けて、上昇トレンドが継続していく可能性があります。

過去2週間におけるCardanoの急騰は、ADAトークンの7年の歴史の中で、最も優れた12月のパフォーマンスを記録しています。

ADAは現在、12月1日から60%以上上昇しており、2023年に入ってから続いていた横ばいの流れから、驚くべき逆転を成し遂げています。

この強い上昇トレンドは、Cardanoの強さと、来年の成長の可能性に対する市場の信頼が、高まっていることを表しています。

急成長するCardanoのDeFiエコシステムがADAの需要を後押し

Cardanoの最近の強気なパフォーマンスの主な背景として、そのDeFi(分散型金融)エコシステムの急速な成長があげられます。

過去30日間を見てみると、CardanoのDeFiプロトコルの総ロックバリュー(TVL)(預けられた仮想通貨の総量)は、2億4600万ドルから4億3000万ドルに上昇し、約60%の増加を記録しました。

CardanoのTVLは、本日4億3,000万ドルを超えるという史上最高値を更新し、Cardanoのチェーンが、世界トップ10のDeFiネットワークの1つとして位置付けられることとなりました。

このTVLの増加は、Cardanoのブロックチェーン上に構築されたレンディング(貸し出し)やイールドファーミング(預け入れ)、その他のDeFiアプリの導入が拡大していることに起因すると考えられています。

DeFi以外にも、主要なプラットフォームの開発が、投資家のADAに対する需要を高めています。

例えば、NFTマーケットプレイスであるEmpowaのローンチ(立ち上げ)や、レイヤー2のスケーリングプロトコルであるMayaとの統合は、ネットワーク上の機能とユースケース(活用事例)を拡大しました。

価格の高騰とともに、オンチェーンデータは、Cardanoへの投資活動やコミュニティへの参加の急激な増加継続を示しています。

プラットフォームの発展が急速に進んでいることで、Cardanoは2024年まで上昇トレンドを継続する可能性があります。

Bitcoin Minetrixが革新的なマイニングアプローチを採用し、新たなブレイク候補に浮上

Cardanoが急騰を続ける中、注目を集めているもう1つの仮想通貨が、Bitcoin Minetrix(BTCMTX)です。Bitcoin Minetrixは、史上初となるStake-to-Mineモデルを導入し、革新的なプラットフォームを提供しています。

Bitcoin Minetrixは、ユーザーがEthereum上でトークンをステーキングして、ビットコインのマイニングクレジットを獲得することを可能にしたもので、民主化されたマイニングプロセスを実現しています。

BTCMTXをステーキングすることで、ユーザーは高額なハードウェアを購入したり、大量のエネルギーを消費したりすることなく、BTCを獲得するためのクラウドマイニングパワーを得ることができます。

さらに、このBitcoin Minetrixのプロセスを通すことで、現在のクラウドマイニングで課題となっている詐欺被害を防ぐことが可能になります。

BTCMTXのプレセールの需要は、プロジェクトの長期的な可能性に期待する投資家を中心に高まっており、すでに520万ドル以上を調達しました。

ビットコインが2024年の半減期に向けて、強気サイクルに入りつつある中で、Bitcoin Minetrixのマイニングに特化した機能は、高い需要が見込まれています。

プロジェクトのホワイトペーパーに記されているように、開発チームは注文制のモバイルアプリと、有名なクラウドマイニング事業体とのパートナーシップを通して、開発を続ける方針をとっています。

Bitcoin Minetrixは、Coinsult社によるスマートコントラクト監査も受けているため、土台となるインフラのセキュリティと信頼性が保証されています。

BTCMTXがリスティング(上場)に向けて動いている中で、投資家からの期待が高まっており、そのユニークな価値提案から、今後も多くの人がトークンへ大きな関心を寄せるであろうと考えられます。

Bitcoin Minetrixがそのような状況を上手く活用して、開発目標を達成することができれば、BTCMTXは次に急騰する仮想通貨の候補になるであろうと、コミュニティの間で信じられています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー