詳細を見る

チャールズ・ホスキンソン氏、カルダノは「役に立たない」と主張する研究に反論

5 mins

ヘッドライン

  • カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノのネイティブ・トークンであるADAは役に立たないとするK33リサーチ社の主張を退けた。
  • K33 Researchは、カルダノのステーブルコイン市場における存在感は限定的であり、ネットワーク上で有意義なDeFi活動が行われていないと批判している。
  • 批判にもかかわらず、カルダノの将来の軌道に疑問を投げかけるK33リサーチに対するホスキンソンの無愛想な反応。
  • promo

カルダノの創始者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、K33リサーチ社の批判的なレポートに対して大胆な反論を行い、この調査会社の信頼性を軽視した。同社は、カルダノのネイティブ・トークンであるADAは役に立たないと主張した。

この反応は、K33の分析に端を発した論争が起きている中でのものである。同分析は、カルダノのネイティブトークンには有意義な使用と価値がないと判断した。

カルダノ(ADA)は役に立たないのか?

K33 Researchのレポートはスマートコントラクトネットワークのネイティブトークンが価値を持つためには、実質的な使用が必要だと主張している。しかし同社は、ADAにはそのような有用性や、それを達成するための信頼できる道筋が欠けていると主張している。K33 Researchのアナリストは、ADAが取引所送金以外に利用されている証拠がないことを強調している。また、保有者による人為的な活動も疑われている。

鋭い批判は、カルダノのステーブルコイン市場に関わっている。USDTやUSDCのようなステーブルコインがDeFiアルトコイン投資を支配している他のネットワークとは対照的に、カルダノはこの点で限定的な存在であるように見える。1ドル以下の価値があるカルダノ担保のステーブルコインは2000万枚しかない。

アナリストたちは、これはネットワーク上で意味のある分散型金融(DeFi)活動が行われていないことを意味すると主張している

「カルダノネットワークで行われていることは、取引所の送金と、バッグホルダーのグループがブロックチェーンの活動を捏造していること以外には何もない。ブロックチェーンのデータと取引所での取引のみである…カルダノネットワークにはUSDTやUSDCは一つもない」とK33 Researchのアナリストは書いている。

続きを読む次のブル・ランの前にポートフォリオに必携の7つの暗号通貨

Stablecoin Value Relative to Market Capitalization of Native Token
ネイティブトークンの時価総額に対するステーブルコインの価値。ソースK33リサーチ

同社はさらに、カルダノの暗い未来を予測している。K33のアナリストは、カルダノはIOTA、NEO、EOSのような他のブロックチェーンプロジェクトと同様に、最初の宣伝にもかかわらず、無関係に陥ると考えている。アナリストは、これらのブロックチェーンとそのトークンの進化の欠如が原因だと考えている。

K33 Researchは、成功するブロックチェーンは、壮大なアイデアや補助金によるブートストラップによって推進されるのではなく、実際の使用から成長し、有機的に出現すると主張している。

続きを読む2024年1月に投資すべき最も安い暗号通貨トップ10

カルダノは役に立たないという批判に対して、チャールズ・ホスキンソンはK33リサーチとは何者かと質問した。このような軽率な発言は、提示された分析を軽視していることを示唆している。

「誰だ、聞いたこともない」とホスキンソン氏。

具体的な指摘に対する直接的な反論を避けたこの姿勢は、ネットワークの将来的な軌跡と、正当な懸念に対処する能力に疑問を投げかけるものだ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー