詳細を見る

チェーンリンク(LINK)が2年ぶりの高値=20ドル突破の要因は?

4 mins

ヘッドライン

  • チェーンリンク(LINK)は2年ぶりの高値20ドルをつけ、過去1ヶ月で40%以上の利益を積み上げている。
  • 謎のクジラ」がバイナンスから約112百万ドル相当の5,587,368LINKを積み上げたと報じられた。
  • チェーンリンクは、Dypius、Eigenpie、Origin Protocol、Paxosを含む新しいチェーン統合を発表した。
  • promo

1週間の堅調な上昇の後、暗号資産市場は一息ついているが、1つのデジタル資産が価格上昇を続けている。チェーンリンク(LINK)は、クジラが資産の蓄積を続けているため、2年ぶりの高値20ドルに達した。

チェーンリンクのネイティブトークンは2022年1月以来の最高値を更新し、2年ぶりに20ドルを超えた。

チェーンリンクの勢いは続く

CoinGeckoによると、LINKは月曜朝のアジア取引セッションで日中最高値の20.69ドルをつけた。しかし、その後、心理的な価格水準を下回りましたが、報道時点では再び取り戻しました。

LINKは過去1ヶ月で40%以上上昇し、現在最もパフォーマンスの良い暗号資産の一つとなっている。

ブロックチェーン分析アウトレットLookonchainは11日、LINKの価格が “謎のクジラ “によって最初に蓄積されて以来、約15%上昇したと報告した。

さらに、このクジラは過去6日間に55のアドレスを経由してバイナンスから約112百万ドル相当の5,587,368 LINKを蓄積したと報告している。

Chainlink whale accumulation. Source X/@lookonchain
チェーンリンククジラの蓄積|出典: X/@lookonchain

Chainlinkのシナリオは、著名なインフルエンサーや投資家からの強気なコメントで暗号資産ソーシャルメディア全体に広がっている。

“Satoshi Flipper “は11日、、LINKの値動きは “歴史に残るものだ “と述べ、”ここからまだ簡単に10倍はある “と付け加えた

「この分野で最も重要なプロジェクトの1つであるだけでなく、最も割安でリスクの少ないプロジェクトの一つでもある。私は、そこに好きなだけ資本を駐車することに超快適だ。”

続きを読むチェーンリンク(LINK)の買い方と知っておくべきすべて

一方、”ChainlinkGod “は、このネットワークにこう付け加えた

実世界での有用性、確立されたネットワーク効果、巨大なターゲット市場、そして原則的なエンジニアリング哲学”。

チェーンリンクはまた、週末に採用に関する最新情報を共有した。チームは、Dypius、Eigenpie、Origin Protocol、Paxos、UKISS Technology、Umami DAO、Volley Tokenを含む新しいチェーンの統合があったことを報告した。

また、7つの異なるチェーンで4つのChainlinkサービスの統合があったことも発表した。これらはArbitrum、Avalanche、Base、BNB Chain、Ethereum、Optimism、Polygonであった。

その他のアルトコインの上昇

アジアの月曜朝の取引セッションでは、アルトコインの大半は赤字だった。しかし、今日チェーンリンクと一緒に上昇したアルトコインもありました。

その中には、ビットコインキャッシュ(BCH)が1.4%上昇し、271ドルで取引されたものも含まれています。イミュータブル(IMX)は、1日に9.3%上昇し、2.98ドルに達しました。

Immutable (IMX) price chart 1M. Source: BeinCrypto
Immutable (IMX) 価格 月足チャート |出典:BeinCrypto

一方、Near Protocol (NEAR)Stacks (STX)はそれぞれ1%ポイント上昇した。

3%から4%の最大の損失は、Solana (SOL)、Cardano (ADA)、Avalanche (AVAX)、Cosmos (ATOM)だった。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

profile.jpg
Martin Young
マーティン・ヤングは、デジタル資産分野の最新ニュースやトレンドを7年以上取材してきたベテランの暗号通貨ジャーナリスト兼編集者。同氏は、複雑なブロックチェーン、フィンテック、マクロ経済学の概念を主流の聴衆に分かりやすく伝えることに情熱を注いでいる。 BeInCrypto、CoinTelegraph、NewsBTC、FX Empire、Asia Timesなど、金融、テクノロジー、暗号資産に関するトップクラスの出版物で紹介されている。彼の記事は、暗号通貨市場、分散型金融、新興プロジェクト、規制の進展、デジタル資産の現実世界での採用について詳細な分析を提供しています。 暗号資産に加え、マーティンはウェブ開発とサイバーセキュリティの分野で20年以上の経験がある。同氏はその幅広い知識を暗号資産業界の最新の脅威や悪用に関する記事に活かしている。 執筆以外では、同氏が拠点とする東南アジアの僻地への旅行に多くの時間を費やしており、CNNでも写真を発表している熱心な写真家でもある。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー