詳細を見る

CZ氏、懲役18カ月:検察は “取引を受け入れろ “と言う

4 mins

ヘッドライン

  • 趙長鵬は最高で18ヶ月の懲役に直面し、米国の暗号通貨規制の大きな転換を示唆した。
  • 米検察当局、バイナンスに対する制裁違反で43億ドルの巨額制裁金を提唱。
  • 司法取引には、高額な罰金と、法令遵守を徹底するための最長5年間の監視が含まれている。
  • promo

元バイナンスCEOチャンポン・ジャオ(CZ)被告は現在、暗号資産規制とコンプライアンスに対する米国のアプローチを劇的に変化させる可能性のある判決を受ける寸前である。

最大18カ月の禁固刑に直面するジャオ被告のケースは、金融不正行為に取り組む業界のアプローチにおける重要な変化を浮き彫りにしている。

検察は “取引を受け入れる “よう裁判所に指示

米検察当局は、バイナンスの違反行為の重大性を強調している。実際、同局は同社が意図的に国の経済制裁法に違反したことを強調した。この違反は43億ドルという米国史上最大級の刑事罰をもたらした。また、金融システムを悪意ある組織による悪用にさらすことにもなった。

司法取引はシアトルの連邦裁判官による承認を待っており、バイナンスの不正行為の深刻な性質を反映している。

「まとめると、バイナンスの不正行為の性質と深刻さを考慮すると、それは意図的であり、上級幹部が主導し、数億ドルの付随的な結果をもたらした」と検察は書いている。

ジャオ被告が主導した同社の意図的な規制遵守無視は、広範囲に及ぶ結果をもたらした。それは本質的に米国の金融システムの完全性を危うくするものだ。

実際、バイナンスはマネーサービス業としての登録を怠り、マネーロンダリング防止プログラムも不十分だったため、米国の金融安全保障を損なおうとするグループに悪用されやすかった。ハマスなどの指定テロ組織との取引が同プラットフォームで認められていたことを認めたのだ。

続きを読む2024年、バイナンスに代わる7つのベスト

司法取引では、高額の金銭的罰則が規定され、最長5年間の会社監視が義務付けられている。その目的は、法的基準の遵守を確実にすることである。

暗号資産コミュニティは、チャンポン・ジャオ被告が4月に判決を受ける準備を進めていることを注視している。司法取引によれば、18カ月を上限とする量刑が予想され、暗号通貨市場で法的責任を怠った場合の潜在的な結果を垣間見ることができる。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-1934.png
Bary Rahma
バリー・ラーマはニューヨーク大学でジャーナリズムの学位を取得した有能なジャーナリストである。 幅広いキャリアの中で、CNNなどの有名メディアで働き、調査能力とストーリーテリング能力を発揮してきた。現在はBeInCryptoで、ダイナミックな暗号資産に関する洞察に満ちた記事を執筆している。BeInCryptoでの仕事に加え、Binanceのコンテンツライターとして、暗号通貨のトレンド、市場分析、アルトコイン、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、ICO、トークノミクスに関する有益なコンテンツを作成し、専門知識を提供している。ジャーナリズムと暗号資産に関する知識をユニークに融合させた彼女は、この業界で多才かつ高い評価を得ている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー