詳細を見る

中国のビットコイン・マイニング業者、安価な電力を求めてアフリカに移住

5 mins

ヘッドライン

  • 中国のビットコイン採掘業者は、地元の電力不足にもかかわらず、グランド・ルネッサンス・ダムからの安価な電力を求めてエチオピアに集まっている。
  • エチオピアがビットコインマイニングの新たな拠点として浮上、低エネルギーコストと政府の協力でマイナーを惹きつける。
  • 中国の禁止令の後、鉱山業者はカザフスタンにシフトしたが、エネルギーのひっ迫と規制上の課題に直面し、業界の衰退につながった。
  • promo

祖国を追われた中国のビットコイン採掘者たちは現在、アフリカ、特にエチオピアに照準を合わせている。この移動の原動力となっているのは、安価な電力だ。

アフリカ最大のグランド・エチオピア・ルネッサンス・ダムは、この新しいトレンドの中心に位置している。

エチオピアはビットコインマイナーの天国となるか?

エチオピアの電気代は世界でも最低水準であり、ビットコインのマイニングにますます寛容になっている政府と相まって、こうした中国企業にとって魅力的な目的地となっている。

Luxor Technologyの最高業務責任者であるイーサン・ヴェラは、この状況について次のようにコメントしている:

「エチオピアは、手頃な電力とビットコインマイニングを歓迎する政府というユニークな組み合わせを提供しています。

しかし、この動きにはリスクがないわけではない。2016年のデータによると、エチオピアの約56%は電気を利用できなかった。

African countries by percentage of population with no access to electricity (2016). Source: ResearchGate
電気にアクセスできない人口の割合によるアフリカ諸国(2016年)|出典:リサーチゲート

しかし、状況は徐々に良くなっている。しかし、2024年の現在でも、エチオピアの人口の半数近くが電気のない生活を送っている。このため、この儲かるセクターを受け入れることと、国内のエネルギー需要に対応することの間で微妙なバランスが生じている。

エチオピアのこの傾向は、2021年に中国がビットコインのマイニングを禁止した後にカザフスタンで起こったことを彷彿とさせる。

カザフスタンのビットコインマイニングの盛衰

中国が2021年5月にビットコインのマイニングを禁止した後、カザフスタンでは当初、マイナーの移住が急増した。これは主に、その近さ、豊富なエネルギー資源、有利な規制環境によるものだった。

しかし、業界の急成長により電力不足と規制上の課題が生じ、大幅な衰退を招いた。

当時、Hashlabsの共同設立者であるアレン・マフメトフ氏は次のように説明した:

“カザフスタンの状況は、大規模なビットコインマイニングオペレーションをホストする際に必要とされる微妙なバランスの注意すべき例として役立ちます。”

続きを読む 暗号通貨をマイニングする方法:ステップ・バイ・ステップ・ガイド

中国の採掘業者は、エチオピアで事業を確立するための複雑な手続きを踏んでいるが、地政学的に有利な立場にあることに気づいている。中国はエチオピア最大の外国投資国として、同国のさまざまなプロジェクトに多大な支援を行ってきた。この関係と外貨流入を必要とするエチオピアは、潜在的な共生関係の舞台を整えた。

しかし、世界のビットコインマイニングセクターは、地政学的力学、環境問題、持続可能なエネルギー源の探求など、さまざまな要因の影響を受けて進化し続けている。

中国のマイニング業者がエチオピアで新たな事業に乗り出すにあたり、カザフスタンの経験から得た教訓は大きく、業界の成長と幅広い経済的・環境的配慮のバランスを取る慎重なアプローチの必要性を浮き彫りにしている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

kyle-baird.png
Kyle Baird
カイルは2010年にペンシルベニア州のイースト・ストラウドバーグ大学を理学士号で卒業後、アメリカ東海岸から東南アジアに移住した。祖父の跡を継いだカイルは、10代で株と貴金属の購入を始めた。これが暗号通貨について学び、執筆することに興味を持つきっかけとなった。同氏は2016年にBitcoinistのコピーライターとしてスタートし、2018年の初めにBeInCryptoの編集者の役割を担うようになった。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー