詳細を見る

Coinbase、Fairshake Super PACに2500万ドルを追加寄付

5 mins

ヘッドライン

  • CoinbaseはFairshakeに2500万ドルを寄付し、暗号資産支持の候補者を支援し、規制の透明性を向上させる。
  • フェアシェイクの資金総額は1億6,000万ドルに達し、今選挙区間で最大規模のスーパーPACのひとつとなっている。
  • Coinbaseの貢献は、暗号資産を促進する法律や司法判断を促進するという目標に沿ったものである。
  • promo

暗号資産取引所大手Coinbaseは3日、Fairshake Super Political Action Committee(PAC)への2500万ドルの追加寄付を発表した。同基金は暗号資産支持の候補者を選出し、暗号資産ユーザーの権利を守ることが目的。

この最新の寄付により、Fairshakeとその関連会社はこの選挙サイクルで合計1億6000万ドルを調達し、最大のスーパーPACの一つとなった。

Coinbaseの寄付で高まる暗号資産業界の影響力

今回の寄付は、立法と司法の手段を通じて規制の明確化を促進するというCoinbaseの戦略を反映している。Coinbaseのブライアン・アームストロング最高経営責任者(CEO)は、立法の行き詰まりを克服し、業界の成長を確実にするために、暗号資産支持の候補者を選出することの重要性を強調した。

「米国で法律が成立するには、法案が下院、上院を通過し、大統領の署名を得なければならない。そして、分断された政府では、正しいことをするよりも不作為の代償の方が大きくない限り、何も起こらないのが既定路線である。これが重要な結論につながる:民主主義国家で規制を明確にする最善の方法は、賛否両論で暗号資産支持の候補者を選出し、反暗号資産候補者を落選させることです」とアームストロング氏は述べた

Coinbaseの前には、Rippleとベンチャーキャピタルのa16zもFairshakeに寄付している。その他の寄付者には、ジェミニのウィンクルボス双子、Jump Crypto、ユニオン・スクエア・ベンチャーズが含まれる。パブリック・シチズンの報告書によると、フェアシェイクを含むデジタル資産関連のスーパーPACは、2024年の選挙前にすべてのスーパーPACの中で3番目に高い金額を集めている。

関連記事:暗号資産規制:利点と欠点は何か?

2024年にFairshake Super PACに寄付をした暗号資産企業と人物のリスト。
2023年~2024年にFairshake Super PACに寄付した暗号資産企業・人物一覧|出典:オープンセクレツ

Fairshakeへの寄付に加えて、Coinbaseは昨年8月に非営利団体Stand With Cryptoを立ち上げ、親クリプト法案を推進している。Coinbaseは、執筆時点でStandWithCrypto.orgが全国で90万人以上の支持者を誇っていると報告した。驚くべきことに、これはStand With Cryptoの会員数が50万人近くだった5月10日以降、会員数がほぼ倍増していることを反映している。

暗号資産企業や業界の主要人物は、11月の選挙で暗号資産支持の候補者を支援することを強調している。ジョー・バイデン大統領の政権が暗号資産に対して厳しいアプローチを取っていることを考えると、この動きは極めて重要である。最近、バイデン大統領はH.J. Res.109に拒否権を発動した。これはSECのStaff Accounting Bulletin No.121(SAB121)を覆す法案であった。

「私の政権は、消費者と投資家の福利を危うくするような施策は支持しない。消費者と投資家を保護する適切なガードレールは、暗号資産イノベーションの潜在的な利益と機会を活用するために必要です」とバイデンは5月31日に述べた

SAB121は金融機関に対し、顧客のデジタル資産を貸借対照表に記載するよう求めている。批評家たちは、この義務付けは暗号通貨を扱う企業にとって業務上・財務上の大きな負担となり、顧客の資産を破産時のリスクにさらすことになると主張している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー