詳細を見る

Coinbase、AIトークンのブームに厳しい警告

7 mins

ヘッドライン

  • Coinbaseのアナリストであるデビッド・ハン氏は、最近の物語トレーディングのブームの中で、いくつかのAIトークンに関連するボラティリティを強調している。
  • ハンは、分散型AIの未来は暗号資産業界の多くに期待されているが、保証されているわけではなく、注意が必要だと主張する。
  • AI暗号資産のブームを乗り切るには、AIの将来性を考慮する必要がある。
  • promo

Coinbaseは8日、AIトークンをめぐるブームの高まりに厳重注意を促した。実際、同社のアナリストは投資家に対し、高まる熱狂の中で慎重に行動するよう促した。

この警告は、人工知能(AI)と暗号通貨の交差点がかつてない注目を集めているときに出された。その背景には、ジェネレーティブAIの著しい進歩と、様々な業界に革命をもたらす可能性がある。

AIトークンは “誇張されすぎている “かもしれない

モデルをオープンソース化する文化や、53万以上のAIモデルを公開するHugging Faceのようなプラットフォームの普及によって、暗号資産AIの領域は爆発的に拡大している。

このオープン性は、コラボレーションと競争を促進する。また、ある面ではクローズドソースの代替モデルを凌駕するモデルの開発も可能になる。さらに、より小型で費用対効果の高いモデルを求める傾向は、AIがより分散化され、さまざまなアプリケーションに統合される未来を示唆している。

しかし、Coinbaseのリサーチアナリストであるデビッド・ハン氏は、AIトークン、特に固定トークノミックモデルに伴うボラティリティと不確実性を強調している。同氏は、AIの進歩を取り巻く楽観論にもかかわらず、普及を妨げる現実的な課題について警告している。

AI技術の急速な進化とAIトークンのパフォーマンスの投機性は、慎重な投資戦略の必要性を強調している。

「私たちは、AIトークンの取引には、短期的で持続的な需要促進要因が多く欠けていると考えています。明確な採用予測や評価指標がないため、幅広いミーム的投機が可能になっているが、これは長期的に持続可能なものではないかもしれない。最終的には、価格と効用は収束するだろう。未解決の問題は、それがどれくらいの期間かかるのか、また、効用は価格に合わせて上昇するのか、あるいはその逆なのかということだ」とハンは書いている。

続きを読む2024年の人工知能(AI)暗号通貨トップ9

Ai tokens surge
AI暗号資産が急上昇|出典:クリプトバブルズ

AIセクターのポジティブな発展は、AI関連トークンへの暗号資産の関心を高めている。一部のAIトークンは、ビットコインが下落した場合でも急騰している。この傾向は、AIの技術進歩に関連する資産に対する投資家の意欲の高まりを反映している。

とはいえ、ハンの助言は、興奮の中でこれらの投資の長期的価値と持続可能性を見極めることの重要性を指摘している。

「現在、暗号資産業界の多くの人々が思い描いているような分散型AIの未来は保証されていない。そのため、このような市場を注意深くナビゲートし、暗号資産をベースとしたソリューションが本当に意味のあるより良い代替手段を提供できるのか、より深く検証することが賢明であると考えます。

AIは慎重に扱え

オープンソースモデルへのシフトや既存のプラットフォームへのAIの統合など、AI業界の主要トレンドは、AIの変革の可能性を強調している。より効率的なハードウェアの登場や、モデルのトレーニングから推論へのシフトは、様々な分野に大きな影響を与える準備が整った成熟したエコシステムをさらに示している。

こうした進歩にもかかわらず、Coinbaseの慎重な姿勢は、AIと暗号資産の交差点に関する批判的な視点を浮き彫りにしている。否定できない相乗効果とイノベーションの機会がある一方で、前途には慎重な航海を要する課題が山積している。

「現時点では、(AIが)どうなるかは分からない。AIの専門家でさえ、これが人類の終わりになるのか、それとも私たちを永遠に生きさせるものになるのか、意見が一致しない。OpenAIの創設者でさえ、AIはおそらく我々を殺すだろうと言っていた」と、Coffeezillaとして知られるスティーブン・フィンデイゼンは語った。

続きを読む利益を最大化する13のベストAI暗号資産取引ボット

これらの警告は、潜在的な報酬と固有のリスクを認識し、バランスの取れた視点で成長するAIトークンの分野にアプローチすることを投資家に思い出させる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー