詳細を見る

コインベース、新ウォレットのWallet as a Serviceを発表

4 mins
更新 T

コインベースが新たなウォレットサービス、「Wallet as a Service」をローンチすることを発表

大手仮想通貨(暗号資産)取引所のコインベースが本日3月9日に新たなウォレットサービスである、「Wallet as a Service(WaaS)」をローンチすることを発表した。今回発表されたウォレットWaaSでは、どの企業でも顧客のために完全にカスタマイズ可能なオンチェーンウォレットを構築でき、Web3製品とサービスの採用を合理化を図ってゆくことに役立つとしている。

これまで、Web3ウォレットではその操作の複雑さ、UIUXの悪さなどの課題を背景に、マスアダプションをしてゆくことに苦労してきた。今回発表されたWaaSでは、スケーラブルかつ、安全性の高いウォレットインフラであるAPI(ウォレットアプリケーションプログラミングインターフェイス)がセットで提供される。これにより企業はアプリケーションにネイティブウォレットを構築することが可能になる。そのためユーザーを別のサイトやアプリにアクセスさせる必要がなくなり、企業はIDとパスワードの入力のみの簡単なユーザーオンボーディングを提供が可能となる。また、APIを使用したウォレットの提供により企業はゲーム内のアイテムや通貨の交換や、トークンベースの報酬などロイヤルティプログラム新たなサービスを構築するなどのweb3の新たな可能性を追求することが可能となる。

さらに、WaaSではMPC(マルチパーティ計算)と呼ばれる暗号技術を採用しているため、エンドユーザーは複雑な24語のフレーズを管理することなく、ウォレットを使用することが可能となっている。MPCでは、ユーザーの秘密鍵をキーを安全に分割、暗号化、プロトコルの関係者に配布を行うことで、秘密鍵の安全性が高くなりユーザー資産を安全に保つことが可能になるという。WaaSではこの機能により、従来のユーザーがキーを単独で管理する必要があるという状況を改善している。つまりユーザーは自身のデバイスが危険にさらされたとしても、セルフカストディのキーは安全であるということだ。加えて、MPCによる高度な自動バックアップ機能により、ユーザーが自分のデバイスにアクセス不可になった場合においても、ウォレットのキーは安全であり、安全に保管することが可能だという。

WaaSは現在、Floor、Moonray、thirdweb、tokenproofなどの企業で既に使用されているという。昨今の様々な企業によるウォレットサービス開始により、ウォレットサービスの覇権をめぐる競争は今後より激化するであろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー