詳細を見る

コインベース(COIN)の株価が10%上昇 ー 投資家が収益力に強気

5 mins

ヘッドライン

  • コインベース・グローバルの株価は、ビットコインが以前のETFによる上昇を維持した後、JPモルガンの中立への格上げを受けて10%上昇した。
  • アナリストのケネス・ワーシントンは、ビットコインETFのローンチと強気のビットコインとイーサリアムの価格がコインベースにとって有益であるとしている。
  • 2024年第3四半期の年間売上高は14.2%増の$674.2Mだった。
  • promo

コインベース・グローバル(COIN)の株価は15日、JPモルガンが同取引所の株価を中立に格上げした後、10%上昇した。同行の専門家は、ビットコイン価格の勢いが持続していることとCOINが強く結びついていることから、COINに可能性があると見ている。

JPモルガンのアナリスト、ケネス・ワーシントンは、ビットコインが52,400ドルにタッチしたことを受け、COINをアンダーウェイトからニュートラルに格上げした。

ワーシントン氏、ビットコインの勢いの中で強気に転換

ワーシントンは、ビットコインの上場投資信託(ETF)のローンチは、単なる売りニュースイベントではなく、原資産であるビットコインの有意義な価格上昇をもたらしたと述べた。強気の価格モメンタムは、Coinbaseのような暗号資産企業の収益力を向上させる。今月初め、暗号資産ブローカーのRobinhoodは、顧客がETFよりもBitcoinスポット取引を好むと断言し、スポット取引のETF後の収益の可能性を示唆した。

続きを読む コインベース対ロビンフッド:最高の暗号資産プラットフォームはどちらか?

coinbase crypto exchanges stock
COIN/USD価格チャート|出典:WSJ

「コインベース(COIN)については、暗号通貨価格の上昇が維持されるだけでなく、1Q24に向けた活動レベルやコインベースの収益力を改善すると見ているため、中立のレーティングに戻している」とワーシントンは述べた。

今年初め、ワーシントンは この銘柄をアンダーウエイトに 格下げした。同氏は当時、投資家が新しいETFに投資する中、取引所が逆風に直面しているとして、同資産の目標株価を80ドルに設定した。

現在、ワーシントン氏らはコインベースの2023年第4四半期決算を控え、株価を楽観視している。2024年第3四半期、暗号資産取引所は年間売上高を14.2%増の6億7420万ドルとし、トップラインの予想を上回った。フランクリン・テンプルトン、グローバルX、ヴァルキリー、インベスコ・ギャラクシー、ウィズダムツリー、ビットワイズ、ブラックロック、グレイスケールのビットコインETFのカストディアンとして選ばれている。

COINのビットコイン価格との相関関係も投資家の楽観を誘う。株価は、米証券取引委員会がビットコインETFを承認する前の2023年11月に62%急騰した。

COIN価格はブレイクアウトの構え

昨日、COIN価格は160ドルで前回の下落の0.618 Fibリトレースメントの抵抗レベルに到達した。これは水平抵抗線でもある。この水準は、動きが修正的な場合、しばしば上値抵抗として機能する。

しかし、COINの市場前価格は現在168ドルで、0.618フィブリトレースメント抵抗レベルをかなり上回っている。

COIN crypto exchanges stock price
COIN/USD 価格チャート|出典:トレーディングビュー

最も近いレジスタンスは、2023年の高値によって作られた187ドルである。COINがこれを上抜けた場合、現在価格の45%上である232ドルまで抵抗がないことになる。

続きを読む2023年に最も注目すべき7つのブロックチェーン銘柄

RSIは50を上回っており、ブレイクアウトを支持している(緑色のアイコン)。逆に、160ドルを上回らなかった場合、最も近いサポートである120ドルまで25%下落する可能性があります。

BeInCryptoはCoinbaseにコメントを求めたが、掲載時点では返答がなかった。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー