詳細を見る

コインベース、オフショア地域にデリバティブ取引所を開設へ

3 mins

大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースはこのほど、バミューダ金融管理局(BMA)からライセンスを取得した。同社の関係者によると、コインベースは来週にもBMAでデリバティブ取引所を立ち上げる予定だという。

コインベースは19日、公式ブログでバミューダ金融管理局からデジタル資産ビジネス法のクラスFライセンスを取得したと報告。また、米有力ビジネス誌フォーチュンの取材でデリバティブ取引所の開設が明らかになった。同取引所はブログで、BMAを「尊敬できる、経験豊富な金融規制当局」と称賛。さらに、BMAが世界中の他の規制機関と密接な関係を維持している状態を「BMAを国際的な拠点の1つに選んだ」理由として挙げ、バミューダでのビジネスへの期待感を示した。

同ブログではこの他にも、アブダビグローバルマーケット(ADGM)の金融サービス規制機関(FSRA)との協議を進めており、規制対象の取引所のライセンスの取得の可能性を含む、各国でのビジネス拡大の近況を記載。

BMAでのビジネスで同取引所は、トークンの販売や発行などのさまざまな活動を行うことが可能となる。加えて、暗号資産取引所と暗号資産デリバティブ取引所の両方として運営することもできる。BMAで事業を展開する企業は給与税を支払う必要があるものの、法人税率は0%で、利益は非課税だ。経費削減を検討している企業にとって魅力的な拠点と言えるだろう。

同取引所は3月に機関投資家の顧客に、オフショア地域(租税回避地)に新しい取引プラットフォームを設置する意向を伝えていた。

さらに同取引所ブライアン・アームストロングCEOは18日、「Innovate Finance Global Summit」で、「何でもあり得ることだ。移転や必要なことなら何でもだと言える」と述べ、米国からの事業撤退を示唆していた。なお、発言の理由は米国における暗号通貨の規制が依然として不明確なためとのこと。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー