詳細を見る

ビットコイン対応の通信事業者、SIMスワップで安全な携帯電話プランを導入

5 mins

ヘッドライン

  • クロークド・ワイヤレスがSIMスワップ詐欺対策を導入、ビットコインも利用可能に。
  • ジェレミー・ヒル最高経営責任者(CEO)は、モバイル・セキュリティを向上させるために高度な認証を重視している。
  • テレフォニカとチェーンリンク・ラボがブロックチェーン・ソリューション開発で提携。
  • promo

モバイル仮想ネットワーク事業者(MVNO)のCloaked Wirelessは7日、不正なSIMスワップやポートアウト攻撃に対する強固な対策を導入することで、SIMスワップ問題に取り組むことを目指している。さらに、ビットコインを支払い方法として受け入れることで、米国の通信セクターにおける暗号資産フレンドリーなアプローチをアピールしている。

暗号資産エコシステムにおいて、SIMスワップ詐欺の脅威は差し迫った懸念であり、個人と金融のセキュリティを危険にさらしている。

Cloaked WirelessはSIMスワップ事件を防げるのか?

ジェレミー・ヒル最高経営責任者(CEO)は、ユーザーデータの保護に対する同社の献身を強調している。同社は、高度な認証技術と最小限のデータ収集ポリシーによってこれを実現すると主張している。その結果、これらの戦略はモバイルセキュリティを大幅に強化し、侵害の可能性を低減する。

さらに、Cloaked WirelessはeSIMと従来のSIMカードの両方のオプションを提供している。同社は、SIMスワップ詐欺の典型的なベクトルである不正なアカウント変更を阻止するために、厳格な管理を実施していると主張している。

SIMスワップ攻撃に対する防御を強化するために、Cloaked Wirelessは暗号資産、プライバシー、セキュリティの専門家の専門知識を活用している。同社の暗号資産コミュニティとの関わりは明らかだ。同社は、主要なBitcoinコア開発者に生涯無料のサービスを提供している。

関連記事:暗号資産詐欺15の典型的な手口とは

しかし、同社にはSIMスワップ事件を防止した実績がない。

How SIM Swap Fraud Occurs
SIMスワップ詐欺の発生メカニズム|出典:サイバーフート

SIMスワップ詐欺に対抗するための業界の総力戦には、重要な協力関係がある。世界的な通信大手のテレフォニカとチェーンリンク・ラボは先月、ブロックチェーンベースのソリューションを開発するために手を組んだ。この提携は、SIMスワップ攻撃からネットワークを保護することを目的とした、電気通信とブロックチェーン技術の統合に向けた極めて重要な一歩となる。

最近のサイバーセキュリティ事件は、このような予防措置の必要性を強調している。例えば、SIMスワップ攻撃により米国証券取引委員会(SEC)のXアカウントが侵害され、1月に暗号通貨市場に波紋が広がった。

同様に、暗号資産取引所FTXは2022年11月、SIMスワップ攻撃により4億ドルを超える損失を被った。ハッカーは個人情報を悪用して電話キャリアを操作し、取引所の電話番号を管理下のデバイスに転送した。

続きを読むFTX崩壊の説明:サム・バンクマン・フリード帝国の崩壊の経緯

これらの事件は、従来のモバイル・ネットワークに内在する脆弱性を浮き彫りにし、セキュリティ・プロトコルの強化の重要性を浮き彫りにしている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー