詳細を見る

米議会、SECのデジタル資産規制に関するバイデン氏の拒否権撤廃を目指す

4 mins
更新 Lynn Wang

ヘッドライン

  • 米国議会は来週、SECの職員会計公報121号(SAB121)に対するバイデン大統領の拒否権を無効とする投票を行う。
  • 市場観測筋によれば、バイデンの拒否権を覆すには、上下両院の3分の2以上の賛成が必要だという。
  • SAB121は、銀行のような金融機関に対し、顧客のデジタル資産を貸借対照表に記載するよう求めている。
  • promo

米国議会は来週、物議を醸しているSEC会計報告-Staff Accounting Bulletin 121 (SAB 121)-を覆す法案であるH.J. Res. 109を採決する。ジョー・バイデン大統領は5月にこの法案に拒否権を発動し、厳格な金融規制に対する政権のコミットメントを強化した。

スティーブ・スカリス下院院内総務の週間スケジュールによると、決議案は来週の火曜日か水曜日に審議される可能性がある。

バイデンのSAB121拒否権は無効となる可能性がある。

SAB121は、金融機関が顧客のデジタル資産を貸借対照表に記載することを義務付けている。批評家たちは、この規則がデジタル資産を米国の金融システムの外に置いていると主張している。下院と上院は5月にSAB 121の 廃止を承認 したが、大統領は拒否権を行使した

バイデンの拒否権を覆すには、上下両院の3分の2以上の賛成が必要である。ベンチャーキャピタル会社パラダイム社の政府関係責任者であるアレクサンダー・グリーヴ氏は、業界の政治的意識が高まっていることを考えれば、これを達成することは可能かもしれないと指摘した。

続きを読む暗号資産規制:メリットとデメリットは?

暗号資産は現在の選挙サイクルにおいて重要な政治的トピックとなっている。CoinbaseやRippleのような企業は、暗号資産に特化したスーパー政治活動委員会(PAC)Fairshakeに寄付している。最近の動きでは、ブロックチェーン投資会社であるMulticoin Capitalが、親暗号の共和党議員を支援するため、ソラナで最大100万ドルの寄付を計画している。

“今後10日間、Multicoin CapitalはSentinel Actionへの全てのSOL寄付と同額を最大100万ドルまで寄付する。この期間中にSOLで寄付をしていただければ、私たちのマッチで寄付のインパクトを2倍にします」と、Multicoin Capitalのマネージング・パートナーであるカイル・サマニは語った

このため、バイデン大統領とドナルド・トランプ前大統領はともに暗号資産投資家を口説いている。トランプ氏は、暗号資産に対してより好意的な姿勢を示しているため、より多くの業界関係者の支持を集めている。前大統領は、業界を支援し、バイデン政権の “暗号資産との戦争 “を終わらせると公約していた。

続きを読む2024年の投票にブロックチェーンはどう使われるか?

バイデン選挙落選ソースポリマーケット

一方、バイデン大統領は、トランプ氏との討論会での劣勢を受けて、11月の選挙を争う能力についての疑問が高まっている。Polymarketのベッターは、同氏が選挙戦に残ることを主張しているにもかかわらず、選挙戦から脱落する可能性は62%あると考えている。

「できるだけはっきりと言わせてほしい:私は現職のアメリカ大統領だ。私は民主党の候補者だ。私は選挙戦に残る」とバイデンは述べた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー