詳細を見る

EUはビットコインのマイニングを規制するか?

6 mins

ヘッドライン

  • 欧州委員会は、ビットコインが環境的に有害であり、EUのエネルギー安全保障を脅かすものであるというレッテルを貼ることを計画していると報じられている。
  • ECが提案した対策には、炭素税や、ECBがビットコイン投資に関するESGルールを策定する権限などが含まれる。
  • ESMAは、この報告書がEUで受け入れられれば、他の国でも標準となるよう提唱する意向を示している。
  • promo

欧州委員会はビットコインを嫌っており、マイニング事業の取り締まりを計画している。 最近の報告書には、デジタル資産に対する厳しいレッテル貼りが含まれている。さらに、EUの規制当局は域内のビットコインマイニング施設への電力供給を抑制する可能性もある。

暗号資産環境保護論者でベンチャーキャピタル投資家のDaniel Batten氏は31日、暗号資産抑制計画を強調する欧州委員会の報告書の一部を共有した。

EUがビットコイン禁止を計画?

投稿された報告書の一節によると、それは2025年にEUがビットコインのマイニングを事実上禁止する道を開くものだという。

“我々が眠っている間に、欧州委員会は、ビットコインが環境的に有害であり、EUのエネルギー安全保障への脅威であり、金融犯罪者の避難所であるというレッテルを貼る予定の報告書を作成している。”

報告書(ソースは不明)によると、欧州中央銀行(ECB)と欧州証券市場庁(ESMA)が取り締まりの先頭に立っている。

ECのビットコインマイニングに対する現在の見解は、以下の通りである、

“環境に有害で、エネルギーを浪費し、時代遅れのコンセンサスメカニズム”

マイニング活動を抑制するための追加措置を提案している。これには、炭素税や、EU加盟国が「エネルギー安全保障」を理由にBTCマイナーの電力を遮断できるようにすることなどが含まれる。さらに、BTCは環境に有害であるとのレッテルを正式に貼る予定だ。

Screenshot from EC report. Source: X/@DSBatten
EC報告書のスクリーンショット。出典X/@DSBatten

また、ECBはビットコインへの機関投資に関するESGルールを考案する権限を与える。中央銀行は、ビットコインおよび関連商品への投資を経済的に阻害、または「禁止」する。

言い換えれば、欧州中央銀行はEU加盟国に対してビットコインを事実上禁止する権限を行使する可能性がある。

続きを読む暗号通貨の採掘方法:ステップ・バイ・ステップ・ガイド

バッテン氏は、オープン・ダイアローグ・ファウンデーションの創設者であるリューダ・コズロフスカ氏とボタ・ヤルデマリー氏が大変な仕事をしたと述べている。同氏によれば、彼らはECのあらゆる文書に目を通し、「1年半にわたって戦ってきた」という。

同氏は、これが他国の前例になりかねないと注意を促した。ECBと緊密に連携しているESMAは、この報告書がEUで受理されれば、「他の国でも標準になるよう働きかけるだろう」と示唆している。

「他の戦争と同じように、この戦争はEUで始まるが、そこで終わらないかもしれない。

同氏は、EU中央銀行にはリソースがあり、法的手続きに関する知識があり、ビットコインの環境への影響に関する「専門家による誤報」の歴史があると付け加えた。

続きを読むマイニングリグの作り方:ステップバイステップガイド

環境影響FUDに反論

今週初め、BeInCryptoは、ビットコインのマイニングに関する国連の研究が、時代遅れの情報源と選択的なバイアスに依存しているとして精査されたことを報告した。

さらに、ビットコインの環境への影響FUDは、ここ数ヶ月で何度も反論されている。さらに、世界のBTCマイニング事業で使用される再生可能エネルギーの割合は増加し続けている。

Indirect energy sources; Bitcoin mining vs. electric vehicles. Source: Daniel Batten
間接的エネルギー源;ビットコインマイニング対電気自動車。出典ダニエル・バッテン

とはいえ、中央銀行はCBDC計画を推進し続けるため、分散型暗号資産に赤旗を振り続けるだろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

profile.jpg
Martin Young
マーティン・ヤングは、デジタル資産分野の最新ニュースやトレンドを7年以上取材してきたベテランの暗号通貨ジャーナリスト兼編集者。同氏は、複雑なブロックチェーン、フィンテック、マクロ経済学の概念を主流の聴衆に分かりやすく伝えることに情熱を注いでいる。 BeInCrypto、CoinTelegraph、NewsBTC、FX Empire、Asia Timesなど、金融、テクノロジー、暗号資産に関するトップクラスの出版物で紹介されている。彼の記事は、暗号通貨市場、分散型金融、新興プロジェクト、規制の進展、デジタル資産の現実世界での採用について詳細な分析を提供しています。 暗号資産に加え、マーティンはウェブ開発とサイバーセキュリティの分野で20年以上の経験がある。同氏はその幅広い知識を暗号資産業界の最新の脅威や悪用に関する記事に活かしている。 執筆以外では、同氏が拠点とする東南アジアの僻地への旅行に多くの時間を費やしており、CNNでも写真を発表している熱心な写真家でもある。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー