詳細を見る

米経済カレンダーと暗号資産市場動向:CPI予想とビットコインETF決定の鍵

4 mins
更新 Oihyun Kim

ヘッドライン

  • 今週の主な経済イベントとしては、12月消費者物価指数の発表がある
  • 10日に行われるArk 21 Shares spot Bitcoin ETFに関する証券取引委員会の決定は、暗号資産市場に影響を与える可能性がある。
  • 12日に行われる一連の銀行決算説明会では、ウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・アメリカ、ブラックロック、BNYメロン、シティグループ、JPモルガン・チェースが注目される
  • promo

今週も米国の経済カレンダーは目白押しだ。主要経済指標ではインフレ率が再び注目され、週明けには銀行決算が控えている。

マクロ経済専門紙「コベッシ・レター」は1月8日、今週の米国の主要経済イベントをリストアップした。

今週の経済カレンダー

8日(月)、9日(火)、10日(水)と消費者クレジット、貿易赤字、卸売在庫に関するレポートが発表されるが、これらはインパクトが弱い。

しかし、11日(木)には12月の消費者物価指数が発表される。消費者物価指数は、同週の経済カレンダーのハイライトだ。インフレ率が低下傾向を続けるのか、それとも3%近辺で足踏みするのかを市場が判断する材料となる。

12月の消費者物価指数は0.2%上昇すると予想されており、消費者物価の上昇幅はそれほど大きくない。しかし、年間物価上昇率は3.1%から3.3%に上昇する可能性があるため、最近のインフレ率の上昇に歯止めがかかるだろう。

これは、連邦準備制度理事会(FRB)の政策や金利引き下げ努力に影響を及ぼす可能性がある。

Weekly economics calendar. Source: X/@markets_bot
週間経済カレンダー|出典:X/@markets_bot

11日に発表される12月の月次財政赤字は約625億ドルと予想されている。さらに、アメリカの国家債務は先週、過去最高の34兆ドルに達した。その勢いは止まりそうにない。

同10日の証券取引委員会にも注目が集まる。これはARK 21Shares spot Bitcoin ETF決定の最終日である。アナリストたちは、規制当局が先行者優位にならないよう、すべての申請を一度に承認することに引き続き自信を持っている。

12日(金)には、四半期報告書が発表される銀行の決算説明会が目白押しだ。ウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・アメリカ、ブラックロック、BNYメロン、シティグループ、JPモルガン・チェースなどが今週注目される銀行である。

暗号資産市場の週末の見通し

とはいえ、今週の経済イベントが暗号資産市場に影響を与える可能性は低く、SECの決定で大きく動くだけだろう。良いニュースから最初の急騰があるかもしれない。しかし、SECが否定した場合、より大きなダンプが予想される。

週末、市場は緩やかな下落を続けた。アジアの月曜朝の取引で、総資本は1兆6800億ドルに減少した。

ビットコインは1.4%下落し、4万3283ドルとなった。一方、イーサリアムは報道時点で2175ドルまで3%後退した。

さらに、ハイキャップのアルトコインのほとんどが大きな損失を被っている。SolanaAvalancheCardanoPolkadotPolygonは、本稿執筆時点ですべて大赤字となっている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

profile.jpg
Martin Young
マーティン・ヤングは、デジタル資産分野の最新ニュースやトレンドを7年以上取材してきたベテランの暗号通貨ジャーナリスト兼編集者。同氏は、複雑なブロックチェーン、フィンテック、マクロ経済学の概念を主流の聴衆に分かりやすく伝えることに情熱を注いでいる。 BeInCrypto、CoinTelegraph、NewsBTC、FX Empire、Asia Timesなど、金融、テクノロジー、暗号資産に関するトップクラスの出版物で紹介されている。彼の記事は、暗号通貨市場、分散型金融、新興プロジェクト、規制の進展、デジタル資産の現実世界での採用について詳細な分析を提供しています。 暗号資産に加え、マーティンはウェブ開発とサイバーセキュリティの分野で20年以上の経験がある。同氏はその幅広い知識を暗号資産業界の最新の脅威や悪用に関する記事に活かしている。 執筆以外では、同氏が拠点とする東南アジアの僻地への旅行に多くの時間を費やしており、CNNでも写真を発表している熱心な写真家でもある。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー