詳細を見る

英国裁判所、190万ドルの法的係争中のクレイグ・ライトの資産を凍結

5 mins
更新 Lynn Wang

ヘッドライン

  • 英国高等法院がクレイグ・ライト博士に対し、世界凍結命令(WFO)を出した。
  • これにより同氏は、ピーター・マコーマックに弁護士費用154万8000ポンドを支払うまで、資産を動かすことができなくなった。
  • ビットコインの創始者を名乗るライトは、名誉毀損事件で虚偽の証拠を提出したことが判明した。
  • promo

英国高等法院は、オーストラリアのコンピュータ科学者で起業家のクレイグ・ライトに対し、世界的凍結命令(WFO)を出した。

この措置により、同氏は暗号ポッドキャストの司会者であるピーター・マコーマックに訴訟費用として154万8000ポンド(190万ドル)を支払うまで、ライトの資産を動かすことができなくなった。

裁判所がライトの資産を凍結

両者の法廷闘争は2022年、ビットコインの創始者を自称するライトがマコーマックを名誉毀損で訴えたことから始まった。ライトは、マコーマックがいくつかのソーシャルメディアへの投稿やYouTubeの動画で彼を中傷したと主張し、ポッドキャスターはコンピューター科学者がサトシであると詐称していると主張した。

先の判決で裁判所は、マコーマックの発言がライトの評判を傷つけたと認めた。しかし、ライトは虚偽の証拠を提示するなどの不誠実な行為により、わずか1ポンドの名目的な損害賠償しか与えられなかった。

続きを読むサトシ・ナカモト – ビットコインの創始者は誰か?

高等法院はこの判決を認め、名誉毀損事件は同氏がビットコインの創始者ではないと主張する人々を黙らせるためのライトの広範なキャンペーンの一環であったと指摘した。判事によれば、マコーマックのような立場の訴訟当事者が、その種の訴訟と戦うための費用を回収できなければ、法律は「残念で悲しい状態」になるだろうという。

「後知恵を働かせれば、名誉毀損請求は、ライト博士をサトシ・ナカモトに仕立て上げ、最終的には(チューリップ取引請求と同様に)サトシが所有するとされる数十億ドル相当の大量のビットコインの全部または一部へのアクセスを得るための、ライト博士とその支援者による狡猾なキャンペーン全体の一部であったことがわかる」とメラー判事は書いている

このことを考慮し、判事はライトに対し、マコーマックの弁護士費用を賄うために154万8000ポンド(190万ドル)を支払うよう命じた。同判事は、名誉毀損訴訟は一連の偽造文書に支えられた嘘に基づくものであり、「脅し、開始、追求」されるべきではなかったと裁定した。

その上、裁判所はライトに対してWFOを認めた。判事は、ライトの支払命令不履行の歴史と資産散逸のリスクを強調した。

「マコーマック氏は、同氏が確保した費用命令が履行されないリスクに直面すべきではないと思われるからである。

続きを読むビットコインとは何か

この訴訟は、暗号資産コミュニティがライト氏に勝利したことを意味する。過去数年間、オーストラリア人は同氏がサトシではないと主張する人々に対して一貫して法的措置を追求してきた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー