詳細を見る

C・ロナウドのバイナンス訴訟は、NFTのプロモーション後に裁判へ

6 mins

ヘッドライン

  • サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドに対する集団訴訟の原告団が、裁判所にオンラインでの書類送達を認めるよう求めた。
  • サウジアラビアのサッカーリーグに移籍したロナウドの居住地は不明で、同氏にサービスを提供するのは困難だという。
  • あるデジタル資産弁護士は、裁判の規模が大きくなれば、裁判外の和解に応じるよりも、裁判に踏み切る可能性があると言う。
  • promo

クリスティアーノ・ロナウドのバイナンス・キャンペーンに反対する原告は、ソーシャルメディアを通じてサッカー選手を召喚するよう求めている。彼らは、サウジアラビアにいる元レアル・マドリードとマンチェスター・ユナイテッドのスター選手と接触することは困難だという。

原告側は、電子メールやソーシャルメディアを通じてロナウドに接触し、訴訟に関する文書をウェブサイトで公開することを提案している。原告側は、ハーグ条約はこうした裁判書類の送達方法を禁止していないと述べている。

クリスティアーノ・ロナウドの居住地は不明

原告側は、ロナウドの所在が不明であると主張している。最後に確認されている住居は、サウジアラビアのフォーシーズンズ・ホテル・リヤド・アット・キングダム・センターである。ロナウドは、2023年1月にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドからサウジアラビア・プロリーグへの移籍に合意し、サウジアラビアに移籍した。

しかし、このサッカー・スターは定期的にXに投稿しており、このプラットフォームで裁判所からの呼び出しが彼に届く可能性があることを示唆している。原告側はまた、電子メールやカスタムウェブサイトを通じて裁判書類を送ることも提案している。

続きを読むNFTトレーディングカードとは?

当事者は2023年11月27日にフロリダ州で集団訴訟を起こし、ロナウドが 未登録証券の販売を「促進、援助、および/または積極的に参加」したとしている。彼らは、ロナウドによるバイナンスの推奨には暗号通貨への投資に関する警告が欠けていたと主張している。バイナンスは2022年にロナウドと提携し、彼のキャリアを記録したNFTコレクションを宣伝した。

ロナウドNFT事件が裁判になる可能性がある理由

デジタル資産弁護士のジェマ・フリートウッドによると、ロナウドは法律顧問に相談し、和解を選択する可能性があるという。召喚状の発送が遅れたこともあり、どれくらいの時間がかかるかは不明だ。

“ロナウドはおそらく、この請求に法的根拠があるかどうか、どのような弁護をするか、同氏が和解を申し出るべきかどうか、法律顧問と話し合うことになるだろう。損害賠償請求のレベルを考えると……この問題は最終的に裁判に発展する可能性があり、そこで当事者はこの件に関して公に証拠を提出することが求められるだろう”

裁判所は、因果関係の欠如に基づいて請求を却下することができる。たとえ有名人の広告が誰かを購入に向かわせるとしても、彼らは誰かを強制するわけではない。

binance ronaldo crypto rpmotions
有名人と政府は暗号資産価格にどのような影響を与えるか|出典:Journal of Business Researchジャーナル・オブ・ビジネス・リサーチ

有名人の推薦者であるキム・カーダシアンとフロイド・メイウェザーを訴えた裁判は棄却され、裁判官は暗号資産にまつわるブームにもかかわらず、投資家は「合理的に行動」 すべきだと述べた。ロナウドも、彼のプロモーションはバイナンスの活動とは無関係だと言うかもしれない。

続きを読む2024年、バイナンスに代わる7つのベスト

ロナウド氏に対する バイナンスの宣伝に関する訴訟、またはその他の訴訟について何かご意見はありますか?私たちに書き込むか、私たちのTelegramチャンネルで議論に参加してください。TikTokFacebookX (Twitter)でも受け付けています。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー