詳細を見る

ドイチャー氏が2024年の暗号資産エアドロップに強気な理由

5 mins

ヘッドライン

  • マイルズ・ドイッチャーが提唱するテストネットのエアドロップは、暗号資産に富を蓄積する道を提供する。
  • マイルズ・ドイチェは、彼のソーシャルメディアのフォロワーたちに、今後多くのチャンスがあることを示唆している。
  • このようなエアドロップは、新参の投資家にリスクを軽減し、オンチェーンのスキルを磨く機会を提供する。
  • promo

暗号通貨アナリストのマイルス・ドイチャー氏は12日、自身の44万6,900人のSNSフォロワーに、テストネットのエアドロップは暗号資産セクターで富を蓄積するための最もシンプルな方法であると発表した。

ドイチャー氏はフォロワーに、”今年はもっとたくさん来る “と語った。

テストネット・エアドロップはそれほど有利ではなく、アクセスしやすい

X(旧ツイッター)への一連の投稿の中で、ドイッチャー氏は、テストネット・エアドロップのペイアウトはメインネット・エアドロップほど大きくはないかもしれないが、新しい投資家にとっては、過度のリスクを負うことなくオンチェーンのスキルを磨く絶好の機会であることを認めた。

テストネット・エアドロップは、0ドルを数千ドルに変える最も簡単な方法です。暗号資産における “フリーマネー “に最も近いもの

基本的に、テストネット・エアドロップは、ネットワークのテストに積極的に参加するユーザーに報酬を与えることで運営されている。

これは、バグの特定を可能にし、ユーザーにプラットフォームを紹介することで、ネットワークに利益をもたらし、プロジェクトの口コミの勢いを生み出す。

続きを読む暗号資産とNFTのエアドロップ:その正体と仕組み

Deutscher氏は、同氏が心待ちにしているさまざまな今後のテストネット・エアドロップについて概説している。彼の一押しは、Cosmos-SDKの上に構築されたEVM互換のL1ブロックチェーンであるBerachainだ。

“これは現在最大のテストネット・エアドロップの機会の一つであり、参加するのは比較的簡単です”。

同氏はまた、Metis、Shardeum、Particle、Data Ownership Protocolを、探索する価値のある他のテストネット・エアドロップの機会として挙げている。

Crypto Airdrops in 2023: $4.6B in 'Free Money'. Source: CoinGecko
2023年の暗号資産エアドロップ:46億ドルの「フリーマネー」|出典:コインゲッコー

投資家がエアドロップに参加する動機は様々だ。ある人にとっては、エアドロップは新しいブロックチェーンをテストする情熱のおまけに過ぎない。

ドイチャー氏が選ぶトップ・テストネット・エアドロップ

しかし、投資家の大半は、取引所に上場された後のトークンの評価を期待している。

この利点は、暗号資産取引所に上場する前に入手できることであり、多くの投資家がより多くの投資家を引き付け、価格にプラスの影響を与える可能性があることを意味する

続きを読むアルトコインとは?代替暗号通貨ガイド

BeInCryptoは6日、、Binanceなどの大手暗号資産取引所が、エアドロップ・トークンであるDymensionの上場を発表したと報じた。

Dymensionは、ブロックチェーン間通信標準を利用してロールアップを安全に相互接続するという革新的なアプローチで注目を集めた。このモジュール型ブロックチェーンは、プライベート・トークン・ラウンドで670万ドルを調達した。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

a718c721350c73f75104b07dee70528e.png
Ciaran Lyons
オーストラリア、シドニー在住の暗号通貨ジャーナリスト。同氏は特にCBDCの開発や、実際のシナリオにおける暗号通貨の実践的な実装について書くことを楽しんでいる。同氏はまた、チャンネル・テン、チャンネル・ナイン、SBSテレビなど、オーストラリアの主要なテレビ・ネットワークに出演している。暗号通貨の世界に入る前は、全国的なラジオ局Triple Jで司会者として働いていた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー