詳細を見る

暗号資産取引所が2,600万ドルでハッキングされる

5 mins

ヘッドライン

  • 分散型取引所FixedFloatは、ドレイナー攻撃により約2,137ETHの損失を被り、盗まれた資金はイーサリアム取引所に送られた。
  • ハッカーは盗んだ暗号資産をExchの複数の預金に移動させ、2つのHitBTCアドレスへの偽の痕跡を作ったという。
  • 暗号資産ハッカーは増加傾向にあり、シンガポールは新たなドレイナー詐欺に警告を発し、ブロックエイドはソラナウォレット犯罪の増加を確認している。
  • promo

分散型取引所FixedFloatは2024年2月18日、ドレイナー攻撃により約1,728イーサリアム(ETH)と409ビットコイン(BTC)を失った。エクスプロイターは盗んだ資金を複数のイーサリアムとビットコインアドレスに送った。

ハッカーが分散型取引所FixedFloatから2600万ドル相当のビットコイン(BTC)とETHを流出させた。

FixedFloat、2600万ドルのハッキングを確認

脅威リサーチャーのOfficer’s Notesによると、ハッカーはETHを複数のETHアドレスに送金し、その後eXch取引所に送金した。ハッカーはその後、2021年にほぼ同時に最初のETH入金を受けた2つのHitBTCアドレスに資金を送った。BTCも複数のアドレスに送られた。

オフィサーズノートによると、ハッカーのアドレス以外に共通点がないため、ハッカーはHitBTCアドレスの所有者を装っている可能性がある。流出者のアドレスは後にBinanceから資金を受け取った

続きを読む注意すべき最も一般的な15の暗号資産詐欺

fixedfloat drainer fund flows
FixedFloat資金の動き|出典:ペックシールド

「この2つのHitBTC入金アドレスにリンクするアドレス(ハッカーのアドレス以外)は見当たりません…おそらく、ハッカーは偽の痕跡を作っただけでしょう」と調査員は書いている。

その後、FixedFloatは、情報漏洩から回復しているが、公にコメントする準備ができていないと述べた。以前、顧客が出金できないと訴えた事件は、メンテナンスの問題のせいにされた。

「ハッキングと資金の盗難が実際にあったことを確認しています。可能性のあるすべての脆弱性を排除し、セキュリティを向上させ、調査に取り組んでいるため、この件について公にコメントする準備はまだできていません」とFixedFloatは述べた。

BeInCryptoは同取引所にコメントを求めたが、報道時点では返答がなかった。その後、問い合わせ用の公式メールチャンネルが提供された。

ウォレット・ドレイナー攻撃はエスカレート

ここ数週間、暗号資産攻撃のペースが上がり始めている。シンガポールは、希望に満ちた暗号資産エアドロップの受信者の財布から資金を流出させる新たな流出詐欺について赤旗を掲げた。シンガポール警察によると、この新たな暗号資産詐欺はダークネット上で販売されているいわゆるドレイナーキットによって行われている。

暗号資産セキュリティ会社BlockAidは、ここ数ヶ月でSolanaウォレット攻撃の増加を確認した。このハッカーは、取引から資金を受け取る際に本物のウォレットの反応を模倣する。先週、彼らは403,000ドルを盗んだハッキンググループAngel DrainersによるSafe Vault攻撃を確認した。

続きを読む暗号資産セキュリティの欠陥トップ5とその回避方法

ドレイナーによるハッキングは、2週間前に900,000ドルのChainlink (LINK)トークンを盗んだ。Scam Snifferによると、ウォレット流出犯は昨年、34万人のユーザーから2億9500万ドルを盗んだ

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー