詳細を見る

米ISPのCEO、ビットコインによる麻薬カルテル資金洗浄で禁錮127年の実刑か

6 mins

ヘッドライン

  • ラスベガスのCEOマーティン・ミズラヒは、麻薬カルテルのためにビットコインで400万ドルを洗浄した罪で127年の刑に直面している。
  • ミズラヒの詐欺には、NYの非営利団体からの300万ドル、メキシコのカルテルとの関わり、さらにクレジットカード詐欺が含まれる。
  • 暗号資産詐欺に対する世界的な取り締まり強化、インドでは299の事業体に対する措置と、OneCoinという重大事件も。
  • promo

ラスベガスのインターネット・サービス・プロバイダーCEOマーティン・ミズラヒ被告は現在、127年の実刑判決に直面している。電信詐欺、マネーロンダリング、ID窃盗の罪で有罪判決を受けた同被告のケースは、暗号資産犯罪に関与することの厳しい現実を浮き彫りにしている。

ミズラヒの失脚が注目を集めるなか、同様の違法行為に対する世界的な取り締まりが勢いを増している。

ミズラヒのビットコイン詐欺の手口

53歳のミズラヒ被告は、マンハッタン連邦裁判所で12日間の裁判を経て有罪となった。検察は、400万ドル以上の資金洗浄にビットコインを使った同被告の作戦を明らかにした。この金額には、ニューヨークの非営利団体からの300万ドルとメキシコのカルテルからの資金が含まれていた。さらに同氏はクレジットカード詐欺を実行し、自身の会社を通じて800万ドル近い不正請求を行った。

2021年2月から6月まで活動していたミズラヒ被告のスキームには、銀行やクレジットカード会社を欺くための電子メール・フィッシングのような巧妙な手口が含まれていた。同氏は資金の不正な出所について無知であると主張したが、これは暗号通貨犯罪事件では珍しくない抗弁である。しかし、陪審員は彼に不利な証拠に説得力があると判断した。

続きを読む暗号資産ソーシャルメディア詐欺:安全に過ごす方法

ダミアン・ウィリアムズ連邦検事は同被告の会社が数百万ドルの資金洗浄に悪用されたことを強調し、抑止力としての評決を強調した。

「陪審員全員一致の評決は、米国の金融システムに不正な資金を盗み、持ち込んだ個人は責任を問われるという明確なメッセージを送るものだ」とウィリアムズ氏は述べた

暗号資産マネーロンダリングを取り締まる法執行機関

同時に、暗号通貨詐欺撲滅に向けた国際的な取り組みも強化されている。インドでは、執行総局が、暗号通貨マイニングを装って投資家を欺いたとして、中国系を含む299の事業体を告発した。コヒマ警察のサイバー犯罪ユニットによるFIRに端を発するこの行動は、ミズラヒ被告の欺瞞的行為と類似している。

OneCoinの物語は、この複雑な問題に新たな層を加えている。OneCoinから4億ドルの資金洗浄に関与したマーク・スコット被告は、1月に10年の実刑判決を受けた。ルタ・イグナトヴァ被告とカール・セバスチャン・グリーンウッド被告は、このスキームを主導していた。当局は被告らに20年の実刑判決を下し、デジタル金融の規制という世界的な課題を例証した。イグナトワの兄もまた、この犯罪に関与した罪で34ヶ月の服役から最近釈放された。

これらの事件は、金融犯罪における暗号通貨の役割に対する監視の高まりを背景に展開されている。これらの事件は、デジタル通貨が悪用される可能性について精査される、より広範な物語の一部である。

続きを読む注意すべき最も一般的な15の暗号資産詐欺

Cryptocurrency Received by Illicit Addresses
不正なアドレスで受け取られた暗号通貨|出典:チェーン分析

このような懸念にもかかわらず、米国財務省のような組織からの研究や報告書は、従来の現金取引が、追跡可能なブロックチェーン取引と比較して匿名性と安定性のために、犯罪組織の間でマネーロンダリングに好まれる手法であり続けていることを示唆している。

「犯罪者が現金ベースのマネーロンダリング戦略を用いるのは、現金が匿名性を提供するためである。広く受け入れられ、安定しているため、彼らは一般的に米国の通貨を使用します」と米国財務省は述べている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー