詳細を見る

ユニスワップ対SEC=暗号資産リーダーは規制の明確化を求める

5 mins

ヘッドライン

  • SECのウェルズ通告を受け、暗号資産リーダーたちがユニスワップへの支持を表明。
  • 業界関係者は、SECの「執行による規制」アプローチを批判している。
  • ユニスワップに対するSECの措置は、DeFiセクターに対する監視の強化を示唆している。
  • promo

米国証券取引委員会(SEC)が分散型取引所大手Uniswapにウェルズ通知を出したことで、暗号資産業界はUniswapの支援に乗り出している。

この通知は強制執行の可能性を示唆するもので、急成長する分散型金融(DeFi)セクターにおける規制の緊張をエスカレートさせている。

業界の巨頭が結束、ユニスワップは回復力を示す

コインベースCEOのブライアン・アームストロングやハウン・ベンチャーズCEOのキャサリン・ハウンを含む著名人は、公の場でユニスワップを支持した。彼らはSECのアプローチに批判を表明した。

アームストロングは、来る11月の選挙において暗号資産セクターの団結の重要性を強調している。同氏はまた、Uniswapを支持する中で、明確な暗号資産規制を推進する団体Stand With Cryptoを宣伝した。

一方、ハウン氏はUniswapの証券法に対する思慮深いアプローチを強調した。同氏はSECの行動を、明確なガイドラインによるものではなく、「執行による規制」と呼んでいる。ハウンは、このようなアプローチは、証券業界の革新と公平性を脅かすかもしれないと考えている。

クラーケンのデイブ・リプリーCEOもハウンの意見に賛同している。同氏は、SECがUniswapを標的にしたことを「権力の乱用」と表現している。

シネアムヘイン・ベンチャーズのゼネラル・パートナーであるアダム・コクラン氏も、規制を明確にする必要性を認めている。コクラン氏は、「SECは何年もガイダンスを提供する時間があったにもかかわらず、それを選ばなかった」と述べた

2024年4月10日18時22分(UTC)、ユニスワップ創業者のヘイデン・アダムスは、SECからウェルズ通知を受け取ったことを公表した。しかし同氏は、自身のプラットフォームの合法性を守る決意を改めて表明した。

さらに同氏は、SECが確立されたDeFiプロジェクトを不当にターゲットにしている一方で、詐欺的行為者は無視しているように見えると非難した。

「私たちが提供する商品は合法だと確信しています。なぜ米国に留まるのかとよく聞かれますが、答えは簡単です:ブロックチェーンは信じられないほど強力な技術だと信じているからです。そして、人々の生活を向上させるテクノロジーを構築するとき、隠れる必要はないのです」とアダムスは宣言した。

SECの措置を受けて、ユニスワップのネイティブ・トークン(UNI)は急落し、11.20ドルから9.10ドルへと、過去24時間で約15%下落した。

興味深いことに、DefiLlamaのデータによると、Uniswapはまだ62億3000万ドルの総価値ロック(TVL)を持っており、そのうちの半分以上はUniswap V3によるものである。

2024年までのユニスワップのTVL。
2024年までのユニスワップのTVL。|デフィラマ

DefiLlamaのデータは、他のDEXプロトコルの中で、Uniswapが過去7日間で167.7億ドルという最大のTVLと出来高を保持していることをさらに明らかにしている。

Uniswapに対するSECの強制措置の可能性は、米国内でのDeFiの将来にとって重要な意味を持つため、注視されるだろう。結果がどうであれ、暗号資産業界は規制の明確化と分散型イノベーションのための戦いを続ける構えのようだ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー