詳細を見る

4月に55.5億ドルの暗号資産清算:ファイナンシャルアドバイザーが学ぶべき教訓を解説

7 mins
更新 Bary Rahma

ヘッドライン

  • ビットコインの半減期をめぐる思惑から、4月に55.5億ドルの暗号資産ポジションが清算された。
  • ロスマリー・ダビラは戦略的投資と暗号資産市場のボラティリティ管理について助言している。
  • ダビラは、特に市場が不安定な時期には慎重な投資戦略を推奨している。
  • promo

市場の異常なボラティリティを示すように、暗号通貨市場では今年4月、55億5000万ドルという驚異的なロング・ショート・ポジションが清算された。これは主にビットコインの半減期をめぐる憶測の高まりが引き金となった。

この激動の時期は、投資慣行における重要な洞察と戦略的適応のための肥沃な土壌となる。

ビットコイン半減期前の乱高下

ベテランの暗号資産ファイナンシャルアドバイザーであるロスマリー・ダビラ氏は、BeInCryptoにこの激動の時代を乗り切るためのベストプラクティスについての洞察を与えた。

投資ポートフォリオを構築する際、彼女は各資産について短期的、長期的に明確な目的を持つことを提案している。ダビラ氏は、ビットコイン特有のボラティリティが微妙なアプローチを要求するため、明確に定義された戦略の重要性を強調している。

実際、今年の半減期はすでにビットコイン市場に大きな影響を与え、3月には価格を史上最高値の7万3737ドルまで押し上げた。しかし、その後の数週間で、ビットコインは20%の急激な価格調整を経験し、いくつかのアルトコインは70%以上急落するなど、ボラティリティをもたらした。

ボラティリティの高さを踏まえ、ダビラは暗号通貨市場への新規参入者には慎重に行動するよう強く勧めている。

「ビットコインはボラティリティが高いので、パニックに陥ったり、狂ったように買いに走ったりしないことが一番です。毎月一定額を割り当て、平均価格で購入し、その間にボラティリティの高い投資についてどう感じるかを確認するのが良いアドバイスだと思います」。明確な戦略があれば、市場のノイズが不安を引き起こすことはありません」とダビラ氏はBeInCryptoに語った。

続きを読む暗号資産ポートフォリオ管理:初心者のためのガイド

暗号資産フロー
暗号資産フロー。ソースグラスノード

彼女はまた、特に半減期後に心理的な力学が働くことを指摘している。ビットコインの供給が減少すると、必ず需要による価格上昇につながります。古典的な需要と供給の力学です。投資ポートフォリオが期待に沿うものであれば、軌道を維持することが推奨される。

そうでなければ、ダビラ氏は、投資家は価格修正後に保有銘柄の再配分や増加を検討すべきであり、ピーク時には決してそうすべきではないことを示唆している。暗号資産市場は多くの外部要因に影響され、確実な予測が難しいことを忘れてはならない。それでも、過去のビットコインの半減期の後、資本がアルトコインに流入するにつれて、価格は最初の急上昇の後に安定するのが一般的である。

感情と期待の管理

投資家、特に初心者への影響について、ダビラ氏は潜在的な心理的負担を強調する。ビットコインの供給が減少すると、新規参入者に不安が生じ、さらにセンセーショナルなニュースが頻繁に報道されるようになる。この取り逃がすことへの恐怖が、思慮の足りない決断を促す可能性がある。

恐怖と貪欲の指数で示される市場心理は現在「貪欲」を示しており、過大評価と来るべき調整の可能性を示唆していると指摘する。半減期が到来し、ビットコイン上場投資信託(ETF)が登場しても、「分析アプローチは変わらないはずだ」とダビラ氏はアドバイスする。

暗号資産恐怖と貪欲指数
暗号資産恐怖と貪欲指数。出典グラスノード

最後に、彼女は投資期間別の運用戦術について述べている。例えば、投機的な短期保有では、日々の取引量とユーザーのエンゲージメントが大きく、評判の良いプラットフォームを活用することが重要だと彼女は考えている。長期保有では、コールドウォレットでの安全な保管が望ましい。

続きを読む最も安い暗号通貨を取引するためのトップ11プラットフォーム

暗号通貨に関する話題が進化し続ける中、ダビラ氏は、取引におけるビットコインの有用性と、正当な金融資産としての幅広い受け入れは、特に規制の環境が適応するにつれて、増加の一途をたどっていくと見ている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー