詳細を見る

暗号資産クジラ、バイナンスに1,050万ドル超のペペを送金:価格への影響

5 mins

ヘッドライン

  • 暗号資産クジラ、Binanceに1兆2380億PEPEを入金
  • 暗号資産クジラ、PEPEから3日間で1.28%の利益を得る。
  • PEPE、売りに押されるも強気トレンド、40%高騰間近か?
  • promo

ウォレットアドレス0x1a2の暗号資産クジラが、驚異的な1兆2,380億ペペ(PEPE)トークンをBinanceに預けた。

この相当な取引には仲介ウォレットである0xDe8が関与しており、数日以内に展開された綿密に計画された動きを示唆している。

暗号資産クジラによるペペの取引方法

暗号資産クジラがPepeの大規模な蓄積を開始した5月4日と5月5日に活動が始まった。彼らはまずBinanceから9158.5億Pepeトークンを引き出し、およそ775万ドルの価値をつけました。

これらのトークンはそれぞれ0.00000846ドルのレートで購入された。次の28時間以内に、ペースは激化した。暗号資産クジラはさらに1兆2,380億PEPEトークンを確保し、総投資額は1,040万ドルに達した。

中央集権的な取引所から個人のウォレットに資金を移動させ、そしてバイナンスに戻すというこの一連の流れは、戦略的なプレーを示している。暗号資産クジラは、潜在的な市場の変動を利用して利益を得ようとしたのだ。

暗号資産クジラがトークンあたり0.00000841ドルの現在価格で売却することを選択した場合、彼らは約134,000ドルのささやかな利益を実現することになる。これは、トークンをわずか3日間保有しただけで1.28%の利益を得たことになる。

この最近の作戦とは対照的に、暗号資産クジラの取引履歴はさまざまな結果を示している。

“以前、クジラは1回のInjective (INJ)取引で$146,000 (+14.2%)を得たが、1回のRender (RNDR)取引で$118,000 (-8.01%)を失った。クジラは両方のトークンを長く保有したわけでもない」とオンチェーン分析プラットフォームのSpot OnChainは述べている。

大幅な売り越しにもかかわらず、Pepeの市場トレンドは強気を維持している。ミームコインは現在、強気のフラッグパターンを描いている。このテクニカル形成は、最初の急激な価格高騰とその後の一定期間の統合を特徴とする。

このようなパターンは、上昇モメンタムの継続を示唆することが多い。Pepeがこの形成からうまく抜け出せば、価格は40%上昇し、0.00001186ドルに達する可能性がある。控えめに見ても、0.00001081ドルの前回史上最高値に向けて28%まで急騰する可能性がある。

続きを読む:ペペ (PEPE) 価格予測 2024/2025/2030

ペペ価格予測。出典トレーディングビュー

とはいえ、不確実性はつきまとう。ブレイクアウトの試みが失敗した場合、ペペは0.00000808ドルのサポートレベルを見つけるかもしれない。このサポートが、より大幅な価格下落を防ぐ可能性がある。

投資家はこれらの動向を注意深く見守る必要がある。このような暗号資産のクジラの行動は、より広範な市場ダイナミクスの基調を決めるかもしれない。

「投資家は大口取引、特に既存の大口保有者の動きを注意深く監視すべきである。分散型取引プラットフォームDODOのCMOであるDiane Dai氏はBeInCryptoに次のように語っている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー