詳細を見る

クジラがICOで大儲け、Mollarsトークン・プレセールを1万3010米ドル分購入

5 mins

12月下旬、暗号資産界隈の大口投資家(クジラ)よりも多くの暗号資産の小口投資家(エビ:1BTC未満)がごちそうになっていました。

しかし、Mollarsトークンのプレセールの「単一取引購入者トップ5リスト」が更新され続け、大口購入者が増えているため、この傾向は変化しています。

また、1回の購入額が1万6,000米ドルに達する投資家もいる一方、複数の購入を行っているDCA投資家もおり、その合計額は「トップバイヤー」に迫る勢いです。

それに最も近いのは、「ドルコスト平均法」をしていると思われる暗号資産クジラで、現在ICO段階にあるストア・オブ・バリュー・トークンを13,010米ドル分購入したばかりです。

購入は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)のプレセール・ウォレットアドレスによると、イーサリアム($ETH)トークンで行われました。 この巨額の取引は、1つのウォレットアドレスから5回にわたって行われました(参照)。

多くのスマートな暗号投資家がそうであるように、バーナー・ウォレットを使用し、1万3,010ドルの取引は、この投資家が重いデジタルポケットを持っていることを示唆しています。

5つの取引はほぼ2日間にわたって行われました。 控えめな動きですが、この暗号資産クジラがMollarsの価値保存トークンプロジェクトに絶大な信頼を寄せる洞察力を持っていることは明らかです。

暗号資産大口投資家たちの日々の動静

最初の2つの取引は、2月7日にそれぞれ1.06ETHで行われました。 2つの購入(12)は互いに2時間間隔で行われ、最後の購入は午後1時58分(UTC)頃でした。 これら2つのMollarsトークンのプレセール購入は、それぞれ約2,634米ドルでした。

3番目の取引は2.5ETHでした。この取引も水曜日に行われ、2回目の購入から約3時間後、つまり4:52PM (UTC)頃でした。 この取引で投資家は6,214.03米ドル相当のMollarsトークンを確保しました。

この暗号資産クジラによる4回目の取引は、0.45イーサリアム(ETH)という少額のものでした。 イーサリアムのほんの一部であるため、わずかな金額に見えるかもしれませんが、実際の金額はまだ千ドル台です。 0.45ETHの購入額は1,119.17ドルでした(txnを参照)。

この暗号資産クジラによる5番目の最終取引は2月12日の午前10時37分(UTC)に行われました。 0.163223 ETHまたは406米ドルでした。

購入されたトークンの数は?

この健全といえる金額は、暗号資産クジラがこのトークンプレセールの第4ラウンドで2万6,020 Mollarsトークンを取得するのに十分な金額でした。

現在までに、ICOは資金調達キャンペーンで50万ドル以上を集めています。 新しいSOV暗号通貨はイーサリアム・ブロックチェーンに基づいています。 膨れ上がる需要により、140万以上のトークンがプリセールされました。

Mollarsプレセールは2024年5月に終了するか、ハードキャップの最大販売数である400万トークンに達した時点で終了します。 後者は、1月の1日平均売上高に基づいて予想されています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー