詳細を見る

CZ解任はBlackRock社には朗報?―$BTCETFトークンが141万ドルを調達

14 mins

BinanceとそのCEOであるチャンポン・ジャオ(通称:CZ)氏に対する刑事訴訟の結末は、暗号通貨業界に衝撃を与えました。しかし、スポットビットコインETFの承認確率が高まっていることは、新しいコインであるビットコインETFトークン($BTCETF)にとって朗報です。

$BTCETFは、数日間で141万ドルを調達しました。その将来的な価値は、スポットビットコインETFの承認とローンチに伴って予想される、価格の急騰と緊密に連動します。

現在のICOステージは24時間以内に終了し、その後のICOのステージ5では価格が0.0056ドルから0.0058ドルに上昇します。したがって、革新的な新しいトークンを最低価格で手に入れるためには、購入者は迅速に行動する必要があります。

米国でBinanceの世界的な取引所が閉鎖されたことで、少なくとも米国証券取引委員会(SEC)の目から見ると、市場に明確に存在した不正行為者が排除されたことになります。

解決に関するニュースが広まるにつれて、ビットコインの価格は不安定のうちに取引されました。 BTCは現在約2%下落して3万6,650ドルで取引されていますが、依然として過去1週間ほどの取引範囲内にあります。 今回の主な敗者は、トップの仮想通貨に関して言えばBNB取引所エコシステムのネイティブコインであるBNBで、価格は10%下落し235ドルです。

Binanceの終焉後にスポットビットコインETFへの道が開かれたことにより、主要な恩恵を受ける

Bitcoin ETFトークンは、その価値をスポットビットコインETFの承認進捗と将来の製品パフォーマンスに結びつける設計になっており、最近の出来事から利益を得ることが期待されています。

米国司法省との和解においてBinanceとCZ氏がマネーロンダリング防止と制裁破りの犯罪を認めた後も、SECによるBinanceに対する民事訴訟はまだ保留されています。しかし、SECが主張する仮想通貨セクターにおける弱い市場監視と、価格操作に有利な環境の改善に向けて、重要な一歩が踏み出されました。

一部の仮想通貨の解説者は、SECの承認を求めてスポットビットコインETFを提出した巨大資産運用会社BlackRockが、司法省にBinanceとCZ氏に対する刑事告発を促すことに関与したのではないかとまで考えています。

このような主張は的外れである可能性が高いですが、BlackRock社はワシントンDCの権力機関と深いつながりがあることで知られています。 金融規制機関とそれらが規制する企業間で人が行き来する「コネクション」は、長い間議論の対象となり、利益相反の主張の源泉でした。

2つの領域間の非公式なつながりがどの程度であろうとも、伝統的な金融界の大手プレーヤーであり、仮想通貨分野に進出を決めたBlackRockなどは、Binanceが道を空けたことを歓迎している可能性があります。

Binanceに対する訴訟でDOJが指摘しているように、Binanceは未登録の取引事業に対する大きな米国顧客基盤を背に、グローバルビジネスを成長させることができました。 現在、Binanceがシーンから退場したことで、Binanceよりはるかに規模が小さく、ゆっくりと萎縮しつつある Binance.US事業は依然として営業を続けているものの、BlackRockやFidelity のような企業にとって心配すべき潜在的な競合相手は1人減ることになります。

DOJとSEC、TradeFiが競争の少ない仮想通貨に参入する道を切り開くのか?

そして、地位を下げられているのはBinanceだけではありません。 規制当局は、米国で運営されているすべての仮想通貨取引所に難題を課しました。仮想通貨取引所は、取引所、ブローカーディーラー、決済機関、保管機関として必要な規制当局に登録する必要があります。

昨日、Krakenは未登録の証券事業を運営していたとしてSECから告発されました。このような新たな規制が施行される状況は、仮想通貨取引を最初に開拓したパイオニアよりも、仮想通貨への新規参入者であるTradeFiを有利にします。

Binanceとの解決の意味するところが明らかになり、その衝撃が落ち着くにつれて、スポットBitcoin ETFの見通しにとって前向きな影響をもたらすことになるでしょう。

上記の論旨とは直観に反するかもしれないですが、もう1つ恩恵を受けるかもしれない対象は、Coinbaseとなります。Coinbaseは、Binanceとはまったく異なる取引所であり、現在SECと法的紛争を抱えているにもかかわらず、米国やその他の地域で運営されている取引所の中で最も規制に沿っていると考えられています。

SECとアメリカ最大の取引所との間で和解が発表されたとしても、あまり驚かない方が良いでしょう。

Coinbaseはすでに、最近合意した監視共有契約において、BlackRockのパートナーに選ばれています。しかし、TradeFiとCoinbaseの関係は、BlackRockの関係よりもはるかに広範です。

Coinbaseの主要株主の中には、ファンドの巨人であるVanguardやFidelityのほか、BlackRockや日本の三井住友信託銀行が名を連ねています。

出典:Stockopedia(2023年11月22日現在)

Bitcoin ETFトークン、投資家が将来のビットコインETFテーマの利益に対して、今日のポジションを取ることを可能にする

スポットビットコインETFのローンチがもたらすとされる価値を得るために、投資ポートフォリオを適切に配置することは簡単ではありません。たとえば、公開市場でビットコインを購入すべきか、最初のスポットETFがローンチされるのを待って、その投資手段に投資すべきかという課題があります。

また、投資家からお金を盗もうとする詐欺的なコインも登場しています。たとえば、最近ローンチされた$ETFトークンは、初期投資家からの資金を騙し取る行為を行っています。

ありがたいことに、Bitcoin ETFトークンの登場により、投資家の意思決定ははるかに容易になりました。 今すぐ$BTCETFトークンのプレセールに参加すると、連続するETF承認の流れから期待される上昇と100%合致する資産を手に入れることができます。

ICOのカバレッジで知られる、著名なYouTubeの仮想通貨アナリストは、$BTCETFトークンが初期投資家にとって10倍の機会になる可能性があると信じています。

$BTCETF トークンは、現在プレセールで購入できます。購入者はステーキングすることですぐに収益を得ることができ、現在175%の年間利回りを受け取ることが可能です。

また、すでに1億5,108万の$BTCETFトークンが、ステーキング用スマートコントラクトに預けられています。なお、APYは動的に計算され、報酬は5年間にわたって分配されます。

前述のとおり、Bitcoin ETFトークンはその評価をスポットビットコインETFのライフサイクルに関連付けています。

たとえば、焼却メカニズムは、ビットコインETFのスポットニュースの流れに関連する現実世界のイベントと連動しており、承認日やローンチ日、運用資産(AUM)のレベルなどのマイルストーンが焼却イベントのトリガーとなります。

たとえば、$BTCETF の取引高が1億ドルに達すると、取引税は5%から4%に減少します。 他にも巧妙なマイルストーンがあり、例としては、最初のスポットビットコインETFが承認されると、取引税は4%から3%に減少します。

https://x.com/BTCETF_Token/status/1727250638214434919

$BTCETFは、スポットビットコインETFに対するFOMOを利用して、ポートフォリオのポジションを取るのに最適な手段です。

ビットコインETFトークンはまた、トークンの総供給量を減少させるために、価格を支えるデフレ焼却メカニズムを持っています。$BTCETFは、すべての取引に対して5%の焼却を伴いローンチします。総トークン供給量の最大25%が、焼却の対象となります。

ビットコインETFトークンは、総供給量が21億(2,100,000,000)のトークンです。このプロジェクトのウェブサイトには、ビットコインETFとビットコイン価格に関連するすべてのニュースを最新の状態に保つための、役立つニュースフィードがあります。

$BTCETFトークンは、スポットビットコインETFのローンチによって約束されるアルファリターンを獲得するための、最も賢く、かつコスト効率の良い方法の1つでしょう。トークンは本日プレセール中であり、価格はわずか0.0056ドルです。ハードキャップの総額は49億5600万ドルと低く、これがFOMOに拍車をかけています。

Bloomberg Intelligenceのアナリストであるジェームズ・セイファート氏とエリック・バルチュナス氏は、ビットコインETFがスポット承認される可能性は90%だと考えています。

1月10日には、ARK 21 SharesのビットコインETFがSECの審議にかけられ、その審議結果が市場で注視されます。 

仮想通貨の歴史における最も重要な瞬間の1つに、投資ポートフォリオを配置する時間は残りわずかです。Bitcoin ETFトークンは、投資家が利益のあるスポットビットコインETF投資テーマへの参入を支援する優れた選択肢ですが、一方、自身でリサーチを行うことが重要です。

ベスト暗号資産取引所

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。KADOKAWA 雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきました。近年は暗号資産関連の記事も執筆しているほか、SEOスペシャリスト、マーケティング関連業務に従事。 専門分野:SEO、WordPress、マーケティング、編集、翻訳
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー