詳細を見る

ダボス会議、グローバル・コラボレーション・ビレッジでメタバースに参入

4 mins
記事 Josh Adams

ヘッドライン

  • 今年の世界経済フォーラムでは、スイスのアルプスの町ダボスのメタバース・バージョンが試されています。
  • このプラットフォームは、マイクロソフトとアクセンチュアが共同で開発したもので、官民のパートナーシップを促進することを目的としている。
  • このプロジェクトは、現実世界のある場所をメタバース化する最新の試み。
  • promo

世界経済フォーラム(WEF)は今年、本拠地であるスイスの町・ダボスのメタバース・バージョンで試行されている。

グローバル・コラボレーション・ビレッジはMicrosoft MeshというTeamsソフトウェアの没入型バージョンで構築されている。このプロジェクトには、Metaや国際通貨基金を含む80以上の主要な企業が参加する予定という。

WEFは、今日の大きな問題についての対話を促進するために、各企業に独自のバーチャルなショップフロントを設置するよう呼びかけた。このバーチャルビレッジは、マイクロソフトとIT大手のアクセンチュアと提携し、官民協力のバーチャルな未来として、グローバル・コラボレーション・ビレッジを構築している。

WEF、バーチャル・ビレッジはコラボレーションを促進すると発表

世界で最も権威のあるこの経済サミットの主催者は、官民の協力を促進するために、年間を通じてオンラインでダボス会議を開催することを希望している。発表では、プロジェクトの目標として、グローバルな協力、双方向性、包括性、影響力を挙げているが、このプラットフォームがどれだけ普及するかは不明だ。

世界経済フォーラムの創設者兼会長であるクラウス・シュワブ氏は、「グローバル・コラボレーション・ビレッジによって、我々はメタバース技術として最初の公共目的指向アプリケーションを作り、仮想空間における真のグローバル・ビレッジを構築している」と語った。

また、「メタバースは、グローバル・アジェンダの課題に共同で取り組むために、人々、政府、企業、そして社会全体の考え方、働き方、交流、コミュニケーションのあり方に影響を与えるだろう。グローバル・コラボレーション・ビレッジは、世界経済フォーラムの官民プラットフォームや対面会議の延長線上にあり、よりオープンで持続的、そしてより包括的な結集のプロセスを提供していく」との談話を残した。

グローバル・コラボレーション・ビレッジは、メタバースに現実の場所を再現する最新の試みである。韓国の首都ソウルは最近、税務サービスや青少年相談、観光のホットスポットを含む「メタバース・ソウル」を発表した。

昨年、島国ツバルは、自国のデジタル版を作成した最初の国となった。昨年、島国ツバルは自国のデジタル・コピーを初めて作成。ポリネシアの同国は、いずれ島全体が水没するかもしれない海面上昇に直面しても、歴史と文化を守りたい考えだ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー