詳細を見る

【速報】 DeFiプラットフォームがサイバー攻撃を受け、1950万ドルを失う

4 mins

ヘッドライン

  • UwU Lendはサイバー攻撃により1950万ドルの損失を被ったとCyvers氏はBeInCryptoに語った。
  • 現在進行中の情報漏洩は、DeFiのセキュリティ上の課題と緊急の保護の必要性を浮き彫りにしている。
  • 業界の専門家は、リアルタイムのモニタリングと積極的なコミュニケーションの重要性を強調している。
  • promo

分散型金融(DeFi)融資プラットフォームであるUwU Lendが10日、ハッキングにより暗号資産1950万ドル以上を失った。Web3のセキュリティ会社Cyversは同日、同事件を特定し報告した。

サイバー脅威がエスカレートする中、この盗難事件は暗号資産業界の持続的な脆弱性を浮き彫りにしている。

UwU Lendが最新の暗号資産脆弱性になる

この記事を書いている時点でも、このプラットフォームは攻撃を受けている。BeInCryptoとのインタビューの中で、Cyversの共同設立者であるミール・ドレブ氏は、この事件に光を当てた。

「UwU貸出契約は攻撃者によって悪用され、6分間で3つの取引を実行し、約2000万ドルを流出させた。攻撃者は2日前にトルネードの現金から資金を得ていた」

現在、UwU Lendは情報漏洩の詳細について公には言及していない。この沈黙は、同プラットフォームのセキュリティ対策と対応戦略について、ユーザーや関係者の間で懸念を呼んでいる。

過去1年間、数多くのセキュリティ侵害が暗号資産を襲ってきた。これらの事件は多額の金銭的損失につながり、DeFiプラットフォーム内のセキュリティ・プロトコルの必要性を浮き彫りにしている。

Immunefiの最新レポートによると、2024年、この業界は5月までに108件のインシデントから約4億7322万ドルの損失を被った。特に5月は、21件のインシデントによって5,237万ドルが吸い上げられた。この攻撃の急増は、サイバー犯罪者にとってDeFiプラットフォームの魅力が増していることを浮き彫りにしている。

関連記事:暗号資産プロジェクトのセキュリティ:早期脅威検知の手引き

さらに、UwU Lendでの情報漏洩は、DeFiセクターにおけるセキュリティ・プロトコルの強化の必要性を痛感させるものである。業界の専門家は、高度なサイバー脅威から資産を守るために、厳格なセキュリティ対策とリアルタイムの監視システムの重要性を強調している。

さらに、危機的な状況においてもユーザーの信頼を維持し、透明性を確保するために、DeFi事業体による積極的なコミュニケーション戦略を提唱している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
ハルシュ・ノタリヤはジャーナリストであり、最新のWeb3と暗号資産のニュースを配信することを得意とする暗号資産専門家である。以前はSportyのグロースマーケター、Totality Corpのコミュニティコンサルタントとして、同氏はコミュニティのエンゲージメントとフォロワーを大幅に増加させた。また、トップ暗号資産インフルエンサーのShivam Chhunejaのために、教育的でありながら楽しい体験となるようミームを織り交ぜた魅力的なコンテンツを作成した。彼の多才なスキルは、暗号資産ジャーナリズムにおいて注目すべき人物となっている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー