詳細を見る

ド・クォン被告が控訴、身柄引き渡しに新展開か=モンテネグロ当局

3 mins
更新 Oihyun Kim

ヘッドライン

  • テラフォーム・ラボの共同設立者であるド・クォン被告は、12月15日に予定されているモンテネグロからの身柄引き渡しを不服として上訴した
  • ドグォンの上訴により、当局は身柄引き渡しの決定を再検討せざるを得なくなったが、命令が覆る可能性は低い
  • パスポート偽造で4ヶ月の刑期を終えるクォンは、韓国か米国に送還される可能性がある
  • promo

Terraform Labsの共同設立者であるド・クォン(Do Kwon)被告が12月15日以降、モンテネグロから身柄を引き渡される可能性が出てきた。同被告は控訴中。

クォン被告が築いた帝国の没落は2022年5月、「暗号の冬」の到来を告げた。市場がテラ(LUNA崩壊の影響から回復を目指す中、クォン被告は今後の展開を予期していたと思われる。

モンテネグロ当局、クォン被告の身柄引き渡しを再検討へ

Digital Assetsが報じたところによれば、クォン被告はポドゴリツァ高等裁判所の身柄引き渡し決定を不服とし、次のように控訴した。

クォン被告の控訴により、当局は拘置中である同被告の身柄引き渡しの決定をやり直さなければならないが、引き渡し命令が覆る可能性は低い。地元ジャーナリストは語る。

クォンは最終的に、来年1月中に韓国か米国に引き渡される可能性が高い。モンテネグロ政府関係者と司法関係者のほとんどが、クォンがモンテネグロ収監の件で注目を集めている事実を重荷に感じている。

裁判所は11月24日、クォン被告がパスポート偽造の罪で4ヶ月の禁固刑を終えた後、身柄を引き渡すことができるという判決を下した。同被告の刑期は7月15日から始まっており12月15日に終わる。

韓国と米国当局はクォン被告の身柄を要求してきたが、最終決定はモンテネグロ当局の手に委ねられている。以前、同被告は韓国への送還を望んでいた。

ドゥ・クォンは2022年9月以降、国際当局から逃亡していた。モンテネグロ当局は3月23日、ポドゴリツァ空港で同氏を逮捕した。

BeInCryptoの最新の ビットコイン (BTC)分析については ここをクリックしてください。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー