詳細を見る

DogecoinとShiba Inu、先に1ドルを達成するのはどちらか?

8 mins

スポットビットコインETFが承認される可能性が高まっており、仮想通貨の次の強気相場入りは間近に迫っています。

米連邦準備制度理事会も、金融引き締めの一時停止を継続しており、来年初めにも基準金利の引き下げを開始する可能性があります。

ビットコインは仮想通貨市場の上昇を先導しており、過去1週間でも11%近く急騰していますが、アルトコインも追い上げを始めています。

ミームコインの資産クラスも、強気な力を示しています。

CoinMarketCapによると、ミームコイン全体の時価総額は日足で2%近く上昇するとともに、平均価格も5%上昇しています。

前回の強気市場でトップパフォーマーであったDogecoin(ドージコイン)とShiba Inu(柴犬コイン)の2つは、間もなくやってくる強気相場においても、同様に成功を収める見込みです。

DOGE(Dogecoin)とSHIB(Shiba Inu)は、ともに日足で2%近く急上昇しており、ブレイクアウト寸前です。

しかしながら、どちらのミームコインが先に1ドルを達成するのか、という疑問が残ります。

Dogecoinは、引き続きイーロン・マスクからの支持を受ける一方で、Shiba Inuはシバリウムの強力な後押しを受けると予想されています。

DogecoinとShiba Inuがブレイクアウトの兆し、1ドルはあり得るのか?

ミームコインは再びその収益性を示し始めており、過去1日で25%急騰した仮想通貨FLOKIは、その先頭を走っています。

また、PEPE(ぺぺコイン)も強さを見せており、同期間に5%上昇しています。

専門家によると、ミームトークンのトップであるDogecoinは、爆発的な価格上昇を示す次のトークンになるであろうとされています。

DOGEは、過去24時間で2%上昇し、0.06ドルのマーク価格を上回って取引されており、時価総額は86億ドル、取引量は1.2億ドルとなっています。

0.06ドルという価格水準は、重要な上昇抵抗線でもあり、DOGEは強い上向き相場が続く可能性があります。

人気トレーダーである@ali_chartsによると、Dogecoinは複数年に渡る下降型トライアングルの突破も、見込まれています。

彼は、週足の終値が0.0835ドルを上回れば、DOGEが1ドルに向けて加速する可能性があると信じています。

テクニカル分析プラットフォームであるTrading Viewもまた、日足でトークンに買いシグナルを発しています。

強気派は、次に0.0616ドルの50日指数平滑移動平均線(EMA)と、0.0655ドルの20週単純移動平均線(SMA)をターゲットにする可能性があります。

Dogecoinは前回の強気相場において、史上最高値の0.73ドルを記録しました。

今回、主要な仮想通貨が、それぞれの史上最高値を更新するであろうと予想される中で、特にイーロン・マスクから支持されているDOGEが、1ドルに到達する可能性は十分考えられます。

一方で、Shiba Inuは0.000007ドルと低価格であるため、1ドルに到達することは、かなり難しいでしょう。

しかしながら、シバリウムの大きな後押しによって、爆発的なリターンを生み出し、次の強気相場で買うべき最良な仮想通貨の1つとして、浮上する可能性はあります。

$SHIBは、過去24時間で2%上昇し、時価総額は41億7,000万ドル、1日の取引量は7,100万ドルとなっています。

価格が0.0000072ドルまで上昇すれば、30日の指数平滑移動平均線(EMA)と単純移動平均線(SMA)の両方を突破し、強気継続をもたらす可能性はあります。

注目すべき新たなミームコイン:Meme Kombat、プレセールで60万ドルを突破
専門家は100倍の強気相場を予測

Meme Kombat(ミームコンバット)は、プレセールで高いパフォーマンスを発揮したことで、ミームコイン愛好家の興味をそそっている別のトークンです。

$MK(Meme Kombat)は、新規通貨公開(ICO)にて、1ヶ月足らずで62万6,000ドル近くを集め、最低目標であった100万ドルを達成しようとしています。

多くのミームコインとは異なり、$MKは、流行している1つの架空のキャラクターの人気に頼っているわけではありません。

代わりに、Meme Kombatのプラットフォームは、DOGE・PEPE・FLOKI・SHIBなどの人気トークンを代表する11種類のキャラクターにとっての、仮想バトルアリーナとして機能します。

このプラットフォームは、AIベースのダイナミックな視覚化とランダムな配列を使用して、バトルを楽しく予測不可能なものにし、プレイヤーに多様なベッティングの機会を提供します。

プレイヤー同士もしくは住居に対して賭けることができ、さらにサイドアクションベッティングも行うことができます。

FLOKIやWall Street Memes(ウォール・ストリート・ミーム)と同じように、Meme Kombatも有利なステーキング報酬を提供しており、現在の年率利回り(APY)は112%となっています。

投資家はステーキングしたトークンの一部をベッティングに割り当てることが許されているため、常にリスクと報酬のバランスを取ることができます。

ただし、このトークンの最も魅力的な特徴は、インターネット上に個人情報を完全に公開しているチームであるということです。

プロジェクトを担っている主要メンバー全ての身元が、明らかにされており、詐欺やラグプルへの不安を抑えています。

そのユニークな価値提案から、人気トレーダーのジェイコブ・ブリーは最近、Meme Kombatがローンチ後に100倍の強気相場を示すと予測しました。

Meme Kombatトークンは、こちらの公式ウェブサイトから、プレセールで購入できます。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー