詳細を見る

BitMEX、司法省のBSA違反罪状認否発表に反論、「何も新しいことはない」と発言

5 mins

ヘッドライン

  • 司法省は最近、銀行秘密法(BSA)違反に対するBitMEXの有罪答弁を発表した。
  • BitMEXは、告発は新しいものではなく、創業者たちは2022年に刑期を終えたと述べた。
  • 同取引所は、2020年以降に実施された業務改善と新基準を強調している。
  • promo

司法省(DOJ)は10日、暗号資産取引所BitMEXの運営会社HDR Global Trading Limitedが銀行秘密法(BSA)違反を認めたと発表した。

司法省は、BitMEXが適切なマネーロンダリング防止(AML)プログラムを実施せずに運営していたと主張した。BitMEXの創設者であるアーサー・ヘイズ、ベンジャミン・デロ、サミュエル・リード、そして最初の従業員であるグレゴリー・ドワイヤーが疑惑に直面した。

DOJの告発に対するBitMEXの対応

米国で営業し、顧客にサービスを提供しているにもかかわらず、BitMEXは「顧客を知る」(KYC)要件を無視して、アクセスに電子メールアドレスのみを要求した。司法省によると、この怠慢がプラットフォームを通じて違法行為を助長したという。

ニューヨーク州南部地区のダミアン・ウィリアムズ連邦検事は、犯罪の重大性を強調した。同氏は、同取引所の行為は金融システムの完全性にかなりの脅威をもたらしたと述べた。

「BitMEXの創設者たちが連邦裁判所で認めたように、同社は意味のあるAMLプログラムなしに運営され、マネーロンダリングや制裁逃れのスキームに身をさらしていた」とウィリアムズ氏は述べた

続きを読む2024年、最も安全な暗号資産取引所トップ9

さらに、FBIのクリスティ・M・カーティス担当次長代理は、利益動機が取引所の緩いサービスアクセス証明書と意図的なコンプライアンス違反につながったと指摘した。

「今日の嘆願は、米国のすべての金融法の遵守を保証し、米国の金融システムを保護し、利益のために回避策を確立しようとする者の責任を追及するFBIの揺るぎない献身を表しています」とカーティス氏は述べた。

司法省の発表に対し、BitMEXは、以前2020年に同社の創設者に対して提起され、2022年に判決が下されたBSA容疑は新しいものではないと反論した。同社はその後、業務を完全に改善したと強調している。

「当社のユーザー、パートナー、規制関係者は、当社のコンプライアンス基準がBSA告発の対象期間から計り知れないほど変化したことを認識しています」とBitMEXの公式声明は述べている。

同社はまた、今回の告発が事業運営に影響を与えることはないとも述べている。同社は、最高の安全性、信頼性、金融安定性基準を維持することを再確認している。

BitMEXは、創業者がすでに支払った多額の金額や、CFTCやFinCENとの和解により、これ以上の制裁金は課されるべきではないと主張している。同社はまた、今回の告発が同社の事業運営に影響を与えることはないと指摘。同社は、最高の安全性、信頼性、金融安定性基準を維持するというコミットメントを再確認している。

続きを読む2024年7月の暗号資産取引所レビューベスト10

BitMEXのケースは、暗号資産業界に対するより広範な規制当局の監視を反映している。Binanceなど他の大手取引所も同様の罰則に直面している。

Binanceの創業者で元CEOのChangpeng Zhaoは最近、適切なAMLプロトコルを導入しなかったとして連邦刑務所に4ヶ月の刑を言い渡された。米国の裁判所もまた、消滅した暗号資産取引所FTXに関連する個人に判決を下す準備を進めている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー