詳細を見る

トランプ氏の復権がビットコインに与える影響―強気か弱気か?

6 mins

ヘッドライン

  • DWSグループは、トランプが再選された場合、インフレと債券利回りの上昇を警告している。
  • リック・サンテリは、債券利回り高騰のリスクを強調し、市場のボラティリティを示唆している。
  • トランプ大統領のCBDCスタンスとAI規制の見解は、BTCを不用意に押し上げる可能性がある。
  • promo

11月の米国大統領選挙が近づくにつれ、ドナルド・トランプ氏の返り咲き当選による潜在的な影響、特にビットコインの将来に関する憶測が高まっている。

金融分析と政治的インサイトの先鋭的な視点から、トランプ氏の勝利と暗号通貨市場の間に微妙な相互作用が産まれる可能性があるという。

トランプ氏の大統領就任の可能性がビットコインに与える影響

9,245億ドルという強大な運用資産を持つDWSグループは、ドナルド・トランプ氏の再選の可能性について懸念を表明した。特に米国債への影響についてだ。

同社は、トランプ氏の勝利によって10年国債利回りが急上昇した2016年の余波を思い起こした。トランプ氏が指揮を執ることで、インフレ圧力が再燃する可能性を示唆した。

(ドナルド・トランプは)すべての輸入品に対する関税を10%に引き上げると言っており、これはインフレを引き起こす可能性が高い。DWSグループのアナリストは、「このことは、トランプ氏の就任1期目の経験と合わせて、トランプ氏が当選した場合、利回りを上昇させる十分な論拠になると我々は考えている」と述べている。

さらに、CNBCビジネスニュースのオンエア・エディター、リック・サンテリ氏は、2024年の30年債利回りが4.41%と高水準にあることに注意を促した。同氏は、この利回り水準に再び達した場合、オークションの結果が良好であったとしても、売りの波が押し寄せる可能性があると強調した。

「私たちはテーリングについて話している。テーリングは悪いことだ。これは正反対だ。2ベーシスポイントの差で止まった。どれだけ積極的なことか。つまり、4.38が1銘柄の相場だ。これは4.36だった。低利回り、高値、政府売り。売り手にとって、価格が高いことは良いことだ。今、2ベーシスポイントは歴史的に見ても非常に大きい」とサンテリ氏。

トランプ前大統領の経済戦略は、歴史的に市場の変動を引き起こしてきた。米連邦準備制度理事会(FRB)のアプローチに対する彼の鋭い批判は、ジェローム・パウエル議長の後任を約束したことと相まって、米国の金融政策の大幅な変更を示唆している。

これは、通貨価値、ひいては投資対象としてのビットコインの魅力に大きな影響を与える可能性があることから、投資家にとって極めて重要な検討事項である。さらに、インフレと債券利回りの上昇につながる政策は、インフレ圧力に対する防御策としてビットコインの魅力を高めるかもしれない

中央銀行デジタル通貨(CBDC)と人工知能に対するトランプ氏の批判的なスタンスが、シナリオをさらに改善させていることは注目に値する。トランプ氏は個人の金融自主権を脅かし、政府の監視を強めるとしてCBDCに反対している。これは、ビットコインのような非中央集権型暗号通貨のケースを不用意に後押しする可能性がある。

続きを読むビットコイン価格予測 2024/2025/2030

US Presidential Polls
米国大統領選の世論調査|出典:ニューヨークタイムズ

6つのスイングステートのうち5つでトランプ氏が優勢であり、彼の経済・政治戦略とビットコインの市場ポジションの相互関連性は複雑である。トランプ氏の政策は短期的な市場の動揺を誘発し、安全な避難所としてのビットコインへの関心を高めるかもしれない。しかし、長期的な影響は、インフレ率やドル高など、より広範な経済成果によって左右される。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー