トランプNFT、セカンダリーで1600万ドル突破

5 mins
8 2月 2023, 19:20 GMT+0900
8 2月 2023, 20:07 GMT+0900
ヘッドライン
  • トランプNFTコレクションのSM売上が約2カ月で1300万ドル突破
  • コレクションのフロア価格は現在0.59ETH
  • 次期大統領トランプならPolygonと不動産経験をもとにNFTを促進か
  • promo

ドナルド・トランプ氏のトランプカードNFTコレクションは、コレクションのフロア価格(購入可能な最低価格)が約0.5ETHに下落するなか、セカンダリーNFTマーケットプレイスOpenSeaで1600万ドル以上の収益を上げている。

セカンダリーの売上高、 プライマリー440万ドルの4倍に

OpenSeaによると、クリエイターのビリー・ザンカー(Billy Zanker)氏は、NFTのセカンダリーセールスからロイヤリティ10%を取得しており、先日のセールでさらに4,400ドルの利益を得たという。同コレクションのフロア価格は昨年12月15日に1.2ETHでピークに達してから、今年1月10日に0.179ETHまで下落。その後は0.59ETHまで戻している。ポリゴンベースの同コレクションでは、プライマリーセールスの収益が400万ドルに達している。

出所: トランプデジタルトレーディングカード

NFTは、ブロックチェーンネットワーク上の物理的またはデジタルアイテムに不変のデジタル所有権を与える記録。デジタルアイテムの場合、NFTは所有者の暗号資産ウォレットに保管される証明書であり、特定URLのデジタルファイルの所有をさす。

NFTマーケットアグリゲーターのクリプトスラム(CryptoSlam)によると、トランプコレクションの固有バイヤー数は昨年12月の6,892人から今年2月の259人に急減しているとのことだ。

トランプコレクション ユニークバイヤー|出所:クリプトスラム

トランプの不動産人脈がNFTユーティリティを牽引か?

米国の物価下落と労働市場の逼迫が景気後退予測を二極化させるなど、マクロ経済の複合要因が暗号資産の価格予測を複雑にしているが、過去のデータは、トランプ氏の大統領時代に示された分離主義政治からビットコイン価格が恩恵を受けたことを示唆している。

2016年から2020年までのトランプ大統領時代、ビットコインの価格は1,100ドルから3万ドル弱まで2,600%上昇した。トランプ氏は2019年、「不法行為を助長する 」可能性のあるビットコインは好きではないと発言している

しかし、彼が自身のコレクションにポリゴン(Polygon)を選んだことは、新たなテクノロジービジネスとその政治的可能性を見い出していることを示唆している。NFTのビジネス上の可能性に対する彼の認識は、FTX破綻に対する議会の強引な対応とバランスを取るかたちになるかもしれない。下院金融委員会のパトリック・マクヘンリー(Patrick McHenry)委員長は最近、デジタル資産に関する公聴会を開催するデジタル資産小委員会の設置を発表した。

トランプ氏の不動産との関わりを考えると、2023年以降に公益事業主体のNFT市場が現れる可能性もある。

誇大広告で販売量が急増した2021年とは異なり、最近のレポートでは、2023年のNFTコレクターはユニークなコミュニティや実世界のエクスペリエンスにアクセスできると示唆されている。アセット・トークナイゼーション(asset tokenization)も機関投資家にとって成長分野となっており、NFTベースの不動産権利証書ビジネスがその採用に拍車をかける可能性がある。

ビーインクリプトの最新のビットコイン(BTC)分析はこちら =>ここをクリック

免責事項

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー