詳細を見る

ドレイクが50万ドルの損失:マーベリックスに賭けたビットコインがNBAファイナルで大暴落

4 mins

ヘッドライン

  • ドレイクはNBAファイナルでマーベリックスが優勝するという賭けに失敗し、ビットコインで50万ドルを失った。
  • シリーズではボストン・セルティックスがマーベリックスを4勝1敗で破り、優勝を飾った。
  • ドレイクの賭けは、有名人の暗号通貨ギャンブルの広範な傾向を反映している。
  • promo

大胆な賭けで有名なカナダのラッパー、ドレイクが最近、ビットコイン(BTC)で多額の損失を被った。このミュージシャンは、ダラス・マーベリックスがNBAファイナルを勝ち進むことに50万ドルのビットコインを賭けたが、予想通りの結果とはならなかった。

ドレイクは、暗号資産ベッティング・プラットフォーム「Stake」を通じて、スポーツ・イベントに危険な賭けをした過去がある。

ドレイク、100万ドルのビットコイン賭け

6月6日、NBAファイナルの熱狂の中、ドレイクはインスタグラムに投稿した。同氏がマーベリックスに賭けた高額なビットコインのスクリーンショットを披露したのだ。

しかし、2024年のNBAファイナルの結果はドレイクにとって不利なものだった。ボストン・セルティックスが、シリーズスコア4勝1敗でマーベリックスを上回り、18回目の優勝を決めたのだ。

重要な第5戦では、セルティックスはホームコートで106-88という圧倒的な勝利を収めた。この歴史的勝利により、レイカーズを抜き、NBA史上最多のタイトルを獲得した。

NBAでの賭けと並行して、ドレイクはもうひとつの保留中の賭けを明らかにした。同氏は、エドモントン・オイラーズのスタンレーカップ優勝に50万ドルを賭けた。

6月22日に行われる最終戦では、彼の最近の損失が2倍の100万ドルになるか、資金が大幅に回収される可能性がある。オイラーズが勝てば、ドレイクは102万5000ドルを手にすることになる。

「ダラスはテキサス人だから。オイラーズは自明の理だ」とドレイクはインスタグラムの投稿にキャプションをつけた

ドレイクのNBAベット
ドレイクのNBAベット 出典:インスタグラム

ドレイクの高額賭け事への親和性はよく知られている。ベッティング・プラットフォーム「Stake」の公式パートナーである同氏は、目を見張るような利益と注目すべき損失の両方を経験している。

2022年、ドレイクはスペインGPでF1ドライバーのシャルル・ルクレールに賭け、23万ドル以上のBTCを失った。さらに同氏は、UFCのコルビー・コビントン戦でホルヘ・マスヴィダルに賭けて20万ドル以上を失った。

逆に、ドレイクは賭けで大きな成功を収めた経験もある。2022年にNFLファイナルに賭けて、200万ドル以上を手にした。これらの結果は、高額ギャンブル、特に暗号資産が絡むギャンブルの予測不可能な性質を物語っている。

関連記事を読む:ビットコイン(BTC)価格予測 2024/2025/2030

ドレイクの賭博活動は、ハイリスク・ハイリターンのシナリオで暗号資産に関与する有名人の広範な傾向を強調している。推定純資産2億5000万ドルにもかかわらず、ビットコインであれ法定通貨であれ、このような損失は大きい。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー