詳細を見る

DTCCとチェーンリンク、ファンドのトークン化を加速するパイロットプロジェクトに成功

4 mins

ヘッドライン

  • DTCCはスマートNAVの試験運用を完了し、チェーンリンクのCCIPプロトコルと様々な国際銀行や地方銀行とのサービスを拡張した。
  • 試験運用では、オンチェーンケースへのデータ統合が行われ、トークン化されたファンドや機関投資家向け証券アプリケーションをサポートした。
  • DTCCの自動化されたリアルタイムのデータ発信は、レガシーフォーマットをブロックチェーン取引用に変換し、ガバナンスを強化する。
  • promo

デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング・コーポレーション(DTCC)は、10社の市場参加者が参加した共同作業であるスマートNAVパイロットを成功裏に完了した。

このパイロットはChainlinkのクロスチェーン相互運用性プラットフォームを使用し、データをオンチェーンで配信し、様々なブロックチェーンアプリケーションに統合しました。

スマートNAVパイロットは、金融サービスのデジタル・トランスフォーメーションにおける重要な一歩となる。Chainlinkの分散型オラクルネットワークを利用することで、DTCCは基準価額データの安全かつ効率的な伝送を確保した。このデータは投資信託にとって重要な指標である。

このシステムは、過去のデータへのアクセスを統合しながら、リアルタイムでデータを発信し、自動化することができた。一方、DTCCはそのデータを提供し、データがセキュリティ下にあるチェーンの「ソリューション・ガバナー」として機能する。

データを入手すると、システムはそれを「レガシー」ファイルベースのフォーマットから最新の構造に変換し、ブロックチェーン・トランザクションに含める。その後、チェーンリンクのCCIPが配信をルーティングし、関連するブロックチェーン・ネットワークへのメッセージ送信を担当する。

同様に、データは試験的な新しいコンピューティング手法を通じてのみ顧客が利用できるようになる。DTCCは、機能拡張はデータ発信地点から始まり、そこでデータを変換してパブリックまたはプライベート・ブロックチェーンに送信すると説明している。

続きを読むチェーンリンク(LINK)とは何か?

スマートNAVパイロット
スマートNAVパイロット出典:dtcc.com

DTCCのイニシアチブは、金融インフラを近代化するためにブロックチェーン技術を採用するという広範なトレンドと一致している。データをオンチェーンでシームレスに配信できるようになることで、トークン化された資産、スマートコントラクト、その他のブロックチェーンアプリケーションに数多くの可能性が広がります。このパイロットは、信頼できるデータをブロックチェーン・ネットワークに効果的に統合できるという概念実証の役割を果たし、業界の将来のイノベーションの先例となります。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー