詳細を見る

エルサルバドル、ビットコイン保有額を3億5400万ドルに増加

4 mins

ヘッドライン

  • エルサルバドルは2021年以来、地熱エネルギーを利用して474ビットコインの採掘に成功している。
  • ブケレ社長の下、テカパ工場では300台のプロセッサーがビットコインの採掘専用となっている。
  • ビットコイン保有額は現在3億5400万ドルで、エルサルバドルの暗号資産を強化している。
  • promo

エルサルバドルは現在、地熱エネルギーの革新的な利用によって暗号通貨のマイニングを大胆に取り入れている。

同国は2021年以降、474ビットコイン近くをマイニングしている。このアプローチは、再生可能エネルギーと金融技術を組み合わせたものだ。

エルサルバドルのビットコイン・マイニング革命

エルサルバドルのビットコイン事務局は重要な進展に注目している。国営のテカパ火山プラントは現在、300のプロセッサーを誇っている。これらのユニットは地熱を利用してビットコインを採掘し、トランザクションを確認し、ネットワークを保護している。

環境に優しい方法を用いた採掘は、化石燃料に依存する従来のアプローチとは異なる。このシフトは、暗号通貨にとってより持続可能で環境に優しい未来を約束するものだ。102メガワットの地熱発電所では、1.5メガワットをBTCのマイニングに充てている。

2021年、エルサルバドルはビットコインを法定通貨として採用し、歴史的な一歩を踏み出した。この動きは、特に国際通貨基金(IMF)から喝采と監視の両方を集めた。しかし、一部の関係者は、この傾向は今後加速すると予測している。

「どの国家も、いつかはビットコインを採掘するようになるだろう!早く始める国もあれば、遅く始める国もある」と、Relaiの共同創業者兼CEOのジュリアン・リニガー氏は語った

経済への影響と世界の反応

国際的な批判にもかかわらず、政府は暗号資産を積極的に拡大してきた。保有BTCは3億6000万ドルに増加した。マイニング事業がこの成長を顕著に牽引し、最近約2900万ドルを追加した。

エルサルバドル ビットコイン残高
エルサルバドルのビットコイン残高|出典:ビットコイン事務局

このような努力は、暗号資産とブロックチェーン分野をリードしようという意欲を浮き彫りにしている。同国は、デジタル金融ツールを経済に統合するいくつかのパートナーシップやプロジェクトを立ち上げている。

関連記事:ビットコインのおすすめの使い方を解説

重要な協力関係の1つは、暗号通貨規制の策定を支援するBitfinex証券とのものだ。このパートナーシップはまた、625万ドルのトークン債プロジェクトも立ち上げた。この資金はエルサルバドル国際空港の新しいホテル建設に役立てられ、数千人の雇用を創出し、経済成長を後押しする構えだ。

さらに、政府は透明性への取り組みを強化している。公開ビットコイン・メンプールを設立し、国が保有するビットコインのデータをリアルタイムで提供している。このプラットフォームは、エルサルバドルのデジタル金融セクターにおける信頼と信用を構築することを目的としている。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー