詳細を見る

イーサリアム、EIP−4788をテストへ|Deneb・Cancunアップグレード

3 mins

イーサリアムの開発団体イーサリアム・ファウンデーションは4日、イーサリアムのコア開発者会議#108で、Denebアップグレードに関する進捗を検討し、EIP-4788とEIP-6987のテストを行うことで同意した

イーサリアムのアップグレードは、実行層(エクセキューション・レイヤー)とコンセンサス層(コンセンサス・レイヤー)を対象にアップグレードが実施される。次回の実行レイヤーのアップグレードは「Cancun」と呼ばれており、コンセンサス・レイヤーのアップグレードは「Deneb」と呼ばれている。

同会議のメインテーマはDenebアップグレードへのEIP-4788およびEIP-6987の導入、そしてSSZタイプの将来の互換性についてであった。EIP-4788は、ブロックチェーン上の情報を確実に検証できるようにすることで、ステーキングプールやブリッジングアプリケーションなどのさまざまなスマートコントラクトが利益を得られるようにする計画だ。一方でEIP-6987は、セキュリティ上の理由から、不正行為を行ったノードが新しいブロックを作成することができないようにする提案となっている。加えて開発者たちは、新しいデータ表現形式であるSSZタイプが、将来のアップグレードとの互換性や、現行の表現形式であるRLPへの最適化について引き続き議論する予定である。

  • SSZ(Simple Serialize):Ethereumで使用されるデータ表現形式の一つ。
  • RLP(Recursive Length Prefix):Ethereumで使用されるデータ表現形式の一つ。
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー