詳細を見る

イーサリアム、DenCunアップグレードの実装内容が決定

3 mins

イーサリアム(ETH)のブロックチェーン開発者は8日、エクセキューションレイヤー会議で、次期アップグレード「DenCun」アップグレードの実装内容に合意した。

同アップグレードには、データのストレージを増やし、ガス代を削減するように設計された5つのイーサリアム改善提案(EIP)が含まれている。その中でも最も注目されているのがEIP-4844(Proto-Danksharding)だ。EIP-4844では、ブロックチェーンネットワークを異なるデータベースに分割し、イーサリアム上でトランザクションのスペースを増やすことが目的。この分割は「シャーディング」と呼ばれる。イーサリアムはシャーディングを通じて、スケーラビリティ問題を改善を目指す。EIP4844が実装されると、ロールアップの使用コストが推定20倍低減される。

  • EIP-1153:オンチェーンでのデータ保存の手数料を引き下げ、ブロックスペースを改善しネットワーク全体の効率性を向上
  • EIP-4788 – ブロックチェーン上の情報を確実に検証できるようにすることで、ステーキングプールやブリッジングアプリケーションなどのさまざまなスマートコントラクトが利益を得られるようにする
  • EIP-5656 – イーサリアム仮想マシンに関連するマイナーなコード変更を追加
  • EIP-6780 – スマートコントラクトを終了させる可能性のあるオペコード(SELFDESTRUCT)を排除するためセキュリティが向上

同会議でイーサリアム財団プロトコルサポートリードのティム・ベイコ氏は「我々はまた、フォークに他の何かを追加することはない」と述べ、DenCunのアップグレード内容が決定。同アップグレードは2023年末までに実装予定とされている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー