詳細を見る

ブラックロック、次はイーサリアムETFに着手か=SEC委員長は懐疑的

6 mins

ヘッドライン

  • 576勝1敗のETF承認実績を持つブラックロックは、ビットコインETFでの成功に続き、SECによるイーサリアムETFのスポット承認を視野に入れている。
  • 暗号資産コミュニティは、5月23日までにイーサリアムETFが承認されることを楽観視している。
  • SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は、規制への警戒を表明しているが、準拠した枠組みの中での暗号資産イノベーションの可能性は否定していない。
  • promo

上場投資信託(ETF)の承認で576勝1敗という記録を持つ世界有数の資産運用会社ブラックロックが、イーサリアムETFのスポット承認に注目している。

これは、同社が13の機関投資家とともに、1月10日に米国初のビットコインETFのスポットを開始し、暗号通貨投資家にとって記念碑的な瞬間を祝った後のことである。

イーサリアムETFの承認が迫る

ブラックロックがビットコインETF市場に参入したことで、暗号資産投資家の信頼は高まった。8兆ドルを超える運用資産と完璧に近い実績を持つブラックロックが暗号資産ETFを支持したことで、楽観的な見方が広がった。その後、デジタル通貨がより広く受け入れられ、主流の金融システムに統合されることを示唆している。

SECがビットコインETFを承認したことで、暗号資産コミュニティではイーサリアムETFの行方に注目が集まっている。特に、ブラックロックが2023年11月にイーサリアムETFのスポットを申請したことを踏まえてだ。決定期限は5月23日に設定されており、賭け金は高い。

例えば、ブルームバーグのシニアアナリストであるエリック・バルチュナス氏は、イーサリアムETFが承認される可能性を70%とした。同氏は、最近の規制当局の動きから、慎重に楽観的な見通しを示した。

「SECが(先物のイーサリアムETFを)承認した以上、(スポットのイーサリアムETFを)否定する理由はないだろう。それは非論理的であり、技術的には新たな訴訟を起こされる可能性がある」とバルチュナス氏は述べた。

続きを読むイーサリアム(ETH)価格予測 2024/2025/2030

Ethereum Price Performance
イーサリアム価格のパフォーマンス|出典:トレーディングビュー

しかし、承認までの道のりには規制当局の警戒と監視がつきまとう。ゲーリー・ゲンスラーSEC委員長の最近の発言は、暗号通貨投資に対する慎重な姿勢を浮き彫りにしている。実際、同氏はビットコイン、ひいては他のデジタル通貨に関連する潜在的なリスクに対する継続的な懸念を強調した。

ビットコインETFを承認したにもかかわらず、ゲンスラーのコメントは、暗号資産の複雑性を認識しながら、詐欺や市場操作から投資家を守ることを目的とした規制への慎重なアプローチを反映している。

「この分野は詐欺や操作が横行している。次から次へと企業が倒産しています。しかし、ビットコイン市場の課題のひとつは、我々の法律に準拠していない取引プラットフォームで多くの取引が行われていることです」とゲンスラーは強調した。

ゲンスラーの懐疑論は、より広範な暗号資産取引環境にも及んでいる。同氏はまた、ビットコインのボラティリティを強調し、多くの暗号通貨の有用性に疑問を呈した。しかし、彼のコンプライアンスへのこだわりは、暗号資産が持つ革新の可能性を真っ向から否定しない規制の枠組みを示唆している。

5月の期限が近づく中、イーサリアムがビットコインのETFの足跡をたどるのかどうかは、依然として激しい憶測を呼んでいる。 ブラックロックの申請は、SECが暗号通貨を規制対象の金融商品にさらに統合する意思があるかどうかのリトマス試験紙となる。

576勝1敗という実績を持つブラックロックのイーサリアムETFへの入札は、暗号通貨が金融イノベーションの端から最前線に至るまでの物語を凝縮している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-1934.png
Bary Rahma
バリー・ラーマはニューヨーク大学でジャーナリズムの学位を取得した有能なジャーナリストである。 幅広いキャリアの中で、CNNなどの有名メディアで働き、調査能力とストーリーテリング能力を発揮してきた。現在はBeInCryptoで、ダイナミックな暗号資産に関する洞察に満ちた記事を執筆している。BeInCryptoでの仕事に加え、Binanceのコンテンツライターとして、暗号通貨のトレンド、市場分析、アルトコイン、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、ICO、トークノミクスに関する有益なコンテンツを作成し、専門知識を提供している。ジャーナリズムと暗号資産に関する知識をユニークに融合させた彼女は、この業界で多才かつ高い評価を得ている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー