詳細を見る

【速報】 イーサリアムのガバナンスに疑問:イーサリアム財団、非公開の国家監視に直面との報道

4 mins

ヘッドライン

  • イーサリアム財団が非公開の国家当局による調査に直面し、暗号通貨価値に影響。
  • イーサリアムの価格は、その運営財団に対する国家調査の発覚を受けて2%下落した。
  • スイスと米国の規制当局がイーサリアム財団の調査に関与しているとの憶測が広がっている。
  • promo

Ethereumエコシステムの中心的存在であるスイスの非営利団体イーサリアム財団Ethereum Foundation)が、精査に直面していると報じられている。2024年2月26日のGitHubリポジトリの更新によって明らかになった、非公開の「国家当局」がこの組織を調査している。

調査の性質と詳細は謎に包まれたまま。

イーサリアム、5分足らずで2%下落

CoinDeskによると、財団は国家機関から極秘の問い合わせを受けたという。この進展により、イーサリアムの価格は5分足らずで約2%下落した。

イーサリアムは、ビットコインに次ぐブロックチェーンの主要な存在であり、2015年の設立とその後のネイティブETHトークンのローンチ以来、重要なプレーヤーとなっている。

さらに、イーサリアムは最近、Dencunと名付けられた重要な技術的オーバーホールを実行した。このアップグレードは、イーサリアムベースのレイヤー2プラットフォームにおける取引手数料の削減を目的としたもので、その技術的進化における極めて重要な瞬間となった。同時に、米国ではイーサリアムETFに関する決定が目前に迫っており、特定の申請に対する重要な期限が5月下旬に迫っている。

続きを読むイーサリアムETFの説明:イーサリアムETFとは何か?

このような技術的・金融的な変化の中で、今回の調査が浮上した。歴史的に、イーサリアム財団は、現在は削除されたウェブサイトの免責事項によって証明されているように、政府からの問い合わせに関する透明性を維持してきました。この開示は、2月のGitHubのアップデートで消去された保証である。

免責事項とともにウェブサイトの令状カナリアが削除されたことは、眉唾ものだ。通常、令状カナリアは政府の召喚状や要求に対する秘密の警告として機能する。注目すべきことに、財団は2019年にこのカナリアを誤って削除したが、すぐに復活させた。

この調査の起源と意図については、様々な憶測が飛び交っている。この問題に詳しい弁護士は、スイスの規制当局が、おそらく米国証券取引委員会(SEC)と協力して、イーサリアム財団に文書要求を出した可能性があることを示唆した。

この問題に詳しい弁護士によると、この調査はより広範な取り組みの一環のようで、他の国際的な組織も調査を受けているという。

この弁護士はCoinDeskに対し、「イーサリアム財団だけが、彼らが情報を求めている唯一の団体ではないと言って差し支えないだろう」と述べた。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
ハルシュ・ノタリヤはジャーナリストであり、最新のWeb3と暗号資産のニュースを配信することを得意とする暗号資産専門家である。以前はSportyのグロースマーケター、Totality Corpのコミュニティコンサルタントとして、同氏はコミュニティのエンゲージメントとフォロワーを大幅に増加させた。また、トップ暗号資産インフルエンサーのShivam Chhunejaのために、教育的でありながら楽しい体験となるようミームを織り交ぜた魅力的なコンテンツを作成した。彼の多才なスキルは、暗号資産ジャーナリズムにおいて注目すべき人物となっている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー