詳細を見る

イーサリアムDencunアップグレード後、Optimism、Base、Arbitrum、zkSync時代の手数料が下落

5 mins

ヘッドライン

  • EthereumのDencunアップグレードがL2手数料を削減、OptimismとArbitrumはメインネットにソフトウェアが導入されて以来、大幅な下落を記録。
  • DencunのEIP-4844はスケーラビリティを提供し、データ圧縮、保存、検索の革新によって10倍以上の料金低下を目指す。
  • 1月と2月にGoerli、Sepolia、Holeskyのテストネットでテストされた後、Dencunのアップグレードはメインネットでライブになった。
  • promo

イーサリアムが13日、Dencunアップグレードを実装し、様々なレイヤー2(L2)ネットワークで取引手数料を大幅に削減した。

このマイルストーンはイーサリアムユーザーにとって極めて重要な瞬間であり、ネットワーク内のスケーラビリティとアフォーダビリティの向上を約束するものです。

イーサリアムDencunアップグレード:手数料の引き下げ、スピードの向上

アップグレード後、Optimismの平均手数料は0.05ドルに、Arbitrumの平均手数料は0.5ドルに低下しました。Baseの平均取引手数料は0.064ドルに、zkSyncEraは0.161ドルに低下した。Optimismの手数料の中央値は0.0038ドルに低下し、Base、Arbitrum、zkSyncEraの同様のコストは0.0008ドル、0.3553ドル、0.0936ドルに低下した。

Dencunのアップグレードは、予定通りブロックの高さ269,568でイーサリアムネットワーク上で稼働した。このアップグレードの主な目的は、イーサリアムのスケーラビリティとアフォーダビリティを改善し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることでした。Dencunの効力の中心は、イーサリアム改良案4844(EIP-4844)のプロトダンクシャーディング機能であり、廃止されたデータをオフロードすることで混雑を緩和し、プロジェクトが後にハッシュを通じてアクセスできるように設計されている。

関連記事:イーサリアムのDencunアップグレードとは?

 Average L2 Transaction Fees (USD)
平均L2取引手数料(米ドル)|出典:デューン

ユーザーや専門家は、この混雑を緩和することで、イーサリアムのガス手数料を少なくとも10倍削減できると予想していた。著名なレイヤー2ソリューションであるBaseは当初、Dencunが取引手数料を最大100倍削減すると予想していた。

EIPは検証者と開発者のエクスペリエンスを向上させる

手数料の大幅な削減に加えて、Dencunのアップグレードには他にもいくつかの重要なイーサリアムEIPが含まれています。EIP-1153はデータストレージを最適化し、ガス料金をより経済的にし、EIP-7516は現在のトランザクションブロックのブロブの基本料金を返すことに焦点を当てています。

EIP-4788とEIP-5656はイーサリアムの実行レイヤー内のデータアクセシビリティとメモリコピーを強化します。一方、EIP-6780はスマートコントラクトの実行を停止することでユーザーの資金を保護する対策を導入しています。

EIP-7044とEIP-7514は、ネットワークセキュリティを担当するバリデータの管理に関するものです。最後に、EIP-7045は、取引ブロックに含まれる認証の期間を延長します。

イーサリアムの開発者は、Dencunのアップグレードをイーサリアムのメインネットにデプロイする前に、さまざまなイーサリアムのEIPを厳格なテストにかけました。彼らはまず2024年1月17日にGoerliテストネットにDencunをデプロイし、その後1月31日にSepoliaテストネット、1週間後にHolsekyテストネットに移行しました。3番目のテストネットで厳格なテストが行われた後、Dencunのアップグレードはイーサリアムのメインネットにデプロイされるゴーサインを受けた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー