詳細を見る

イーサリアム(ETH)、価格は上海アップグレードに向けて2,000ドルの見込み

5 mins
記事 Valdrin Tahiri

ヘッドライン

  • イーサリアムは下降抵抗線からブレイクアウトした。
  • 上昇する5波のうち3波目に入っている。
  • 1,650ドルが抵抗線となっている。
  • promo

イーサリアム(ETH)価格は下降抵抗線を抜け出した。イーサリアムは次のアップグレードとなる「上海アップグレード」を控え、強気に転じた模様。1,650ドル付近を奪還することで、さらに上昇率が加速する可能性もある。

先週のイーサリアムについてのニュースは非常にポジティブだった。イーサリアムの供給量が再びデフレに転じたためだ。現在のトークンの供給量は1億2,000万ETHで、2022年9月にイーサリアム2.0をリリースし、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)の合意メカニズムに切り替えた時点から2,000枚も少なくなっている

イーサリアムが上昇しているのは、ブロックチェーンの次の更新予定である「上海アップグレード」の影響である可能性が高い。このアップグレードでは、ガス代の問題やスマートコントラクトの改善には取り組むものではないが、Beacon Chainに2年以上存在するステーキングしたETHを段階的に引き出させることとなるだろう。

イーサリアム価格がようやくブレイクアウト

イーサリアム価格は年明けから加速度的に上昇している。1月11日には、1,350ドルのレジスタンスエリアと2022年8月から続いていた下降抵抗線の両方を突破した。これまでのところ、ETH価格は1,611ドルの高値に達している。

主なレジスタンスエリアは平均価格1,660ドルで、これは0.618フィボナッチリトレースメントの抵抗線と水平抵抗エリアによって作られている。これを超える動きとしてはと、イーサリアムは2,000ドルまで上昇する可能性があり、下落する場合は、1,350ドル付近が支持線となるだろう。

ETH/USD 日足チャート 出典: TradingView

波動カウントはイーサリアムの2,000ドル超えを予測

価格変動と同様、イーサリアム価格の波動カウントも強気だ。これは、ETH価格が5つの上昇波動のうち、拡張された第3波(黒線)にあることを示唆している。

また、サブ波動は赤色で表示されており、ETHはサブ波動4の内側で修正されていることを示している。この波動が終了する最も可能性の高いレベルは、0.382フィボナッチ(Fib)リトレースメントの下値支持線である1,440ドルです(赤色)。これは、波動4が浅いことが多いことが理由で、正しければ、今後24時間以内にこのエリアに到達する可能性がある。

したがって、1,340ドルの0.618Fibリトレースメントの下値支持線を下回ると、このカウントの可能性は低くなり、1,244ドルの波動1の高値を下回ると、完全に無効となる。その場合、ETH価格は1,200ドルを下回ることになる。

ETH/USDT 6時間足チャート 出典: TradingView

長期的な波動カウントは、ETH価格が上昇A-B-C修正構造(白)の中で取引されていることを示唆している。先述の5つの上昇波動がこのC波を作り出していると言える。

A-C波を1:1の割合で与えると、ETHの高値は2,241ドルとなる。

1,650ドルの抵抗線付近を上回り、下値支持線として検証されれば、このカウントの正確さを確認するのに大きな役割を果たす。

ETH/USDT 日足チャート 出典: TradingView

結論としては、ETH価格分析で最も可能性の高いのは2,240ドルへの上昇。1,244ドルを下回った場合、この価格予想は無効と言え、イーサリアム価格が1,000ドルを下回る可能性を示唆する。そういう意味でも、イーサリアムの上海アップグレードのリリースは、強気な勢いをさらに強める可能性があると言えよう。

BeInCryptoの最新の暗号資産市場の分析については、こちら

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー