詳細を見る

イーサリアムが高騰、取引手数料が6カ月ぶりの低水準に

4 mins

ヘッドライン

  • イーサリアムは、その価格が6%以上上昇し、今週の最もパフォーマンスの高いデジタル資産に浮上した。
  • しかし、ブロックチェーン分析会社サンティメントによれば、ガス料金は6ヶ月ぶりの低水準に落ち込んだ。
  • 一方、ETHを取り巻く動向は、その将来性に対する投資家の信頼を新たにした。
  • promo

イーサリアム(ETH)は26日、価格が6%以上上昇し3,300ドルを超え、直近で最もパフォーマンスの良い暗号通貨となった。

ブロックチェーン分析会社Santimentは同日、価格の上昇は取引手数料の大幅な低下と一致し、過去6ヶ月で最低を記録したと報告した。

イーサリアムのガス手数料が6カ月ぶりの低水準に

イーサリアムの平均取引手数料は約1.12ドルで、2023年10月18日以来、1日の平均コストで最低を記録した。Dencunアップグレードの導入と暗号資産市場全体の小康状態により、オンチェーン活動が減少し、イーサリアムのガス手数料が低下しした。

この下落は、イーサリアムが好調な価格パフォーマンスと需要の上昇を経験した3月の15.21ドルのピークに続くもの。

「トレーダーは歴史的に、暗号資産が “月に向かう “と感じたり、”それは死んだ “と感じたりする感傷的なサイクルを行き来しており、それは取引手数料を通じて観察することができる。これらの手数料は、価格の頂点付近でピークに達し(時には乖離し)、価格の底値付近で静止状態に戻る傾向があります」とサンティメントは解説した。

しかし、サンティメントは、現在のガス代はトレーダーにとってリーズナブルであり、市場を現在の停滞から押し出すかもしれないと予測した。この展開は、イーサリアムとアルトコインを再び上昇に転じさせる可能性がある。

関連記事:イーサリアム(ETH)価格予測 2024年 / 2025年 / 2030年

イーサリアムガスの手数料
イーサリアムのガス代|サンティメント

一方、イーサリアムの規制問題を解決するためのConsensysの努力は、楽観論を呼び起こした。同社は米国証券取引委員会(SEC)に対して法的手続きを開始した。

コンセンシスは、イーサリアムを証券に分類しようとするSECの試みは規制の行き過ぎであると主張した。また、このような分類はイノベーションを阻害し、開発者、投資家、イーサリアムの分散型フレームワークを活用する大規模な機関に悪影響を及ぼすと付け加えた。

「イーサリアムは関係なく生き残る。イーサリアムはどの国にも、どのグループにも依存しない。SECがイーサリアムを証券と宣言すれば、イーサリアムは販売できなくなるからだ。米国ではほとんどの場合、人々はそれを購入することができなくなります」とConsensysの広報担当者はBeInCryptoに語った。

関連記事:イーサリアムが証券ではない4つの理由:コンセンシス

そのほか、資産運用会社のフランクリン・テンプルトンは、Depository Trust and Clearing Corporation(DTCC)のウェブサイトにイーサリアムの上場投資信託(ETF)を掲載し、話題となった。このETFの展開は、SECが5月にイーサリアムETFを承認するかもしれないという投資家の期待を新たにした。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー